グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第63回 仮想デスクトップシステムのGCP移行プロジェクト(パート2)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2019年08月05日

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第63回 仮想デスクトップシステムのGCP移行プロジェクト(パート2)」を公開しました

###

はじめに
 前回に引き続き、2019年に公開されたエッセイ「From Corp to Cloud: Google's Virtual Desktops」を元にして、Google社内の仮想デスクトップ移行プロジェクトを紹介します。今回は、仮想デスクトップ環境の要件や移行プロセスなど、具体的なプロジェクトの内容について説明します。
仮想デスクトップシステムの要件
 このプロジェクトでは、仮想デスクトップシステムの設計にあたり、次の4つを主要な要件として定義しました。
(1) 社内ネットワーク上にある物理ワークステーションと同じ方法で、開発環境などにアクセスできる。
(2) 仮想デスクトップ用のインスタンスは、既存のインベントリー管理システムで管理される。
(3) ログイン認証、パッケージアップデート、操作ログ管理などのセキュリティ機構を実装。
(4) 規定の範囲内において、ユーザーの指定する構成で仮想デスクトップを作成可能。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]