編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第66回 サーチエンジンのロードバランシング・アルゴリズム(パート3)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2019-10-04 09:00

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第66回 サーチエンジンのロードバランシング・アルゴリズム(パート3)」を公開しました。
###

はじめに
 前回に引き続き、2019年に公開された論文「Cache-aware load balancing of data center applications」を元にして、サーチエンジンのロードバランシングに関するアルゴリズムを紹介します。今回は、検索処理システムのシミュレーターを用いた評価結果を見ていきます。
シミュレーターによるキャッシュミスの測定
 これまで説明してきたように、このアルゴリズム(TARS)の目的は、検索処理サーバーが、ある単語についてのPL(検索結果の候補となるWebサイトのID番号の集合)取得する際に、そのデータがメモリー上のキャッシュに保存されている確率を高めて、データベースへのアクセス量を減らすことです。つまり、キャッシュミスの割合をできるだけ低くすることがゴールとなります。
 ここで、前回の図1で説明した仕組みを思い出してみましょう。そこでは、サーバーごとに担当する単語を設定しておき、自身が担当する単語についてはキャッシュミスは発生せず、逆に、担当しない単語については、一定の確率でキャッシュミスが発生するという素朴な仮定を置いていました。その上で、過去の検索文に含まれる単語の組み合わせを用いて、キャッシュミスを最小化するようにサーバーごとに割り当てる単語のグループ分けを行いました。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]