編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

無骨な“男前インテリア”のアクセントに。 シンプルなデザインで上質感漂うスケートボード2種類を発売。

ビーズ株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2019-10-02 12:35

2019/10/2

ビーズ株式会社

無骨な“男前インテリア”のアクセントに。
シンプルなデザインで上質感漂うスケートボード2種類を発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2019年10月2日、ツーリング・ガレージングブランドの「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」 (リンク ») より、シンプルなルックスで男前インテリアに馴染む「ミニクルーザースケートボード」 (リンク ») と「スケートボード」 (リンク ») の計2種類8製品を発売します。


【画像: (リンク ») 】

<開発経緯>
 自宅や自室、第二の書斎ともいうべきガレージのインテリアにこだわる人が見受けられるようになりました。 DIYで家具や収納スペースを自作し、Instagramやアプリでシェアする人も増えつつあります。 なかでも木目調の家具や観葉植物を取り入れたナチュラルなテイストや、レンガやコンクリートといった壁とアイアン家具でまとめたインダストリアル調のものは、無骨な雰囲気の“男前インテリア”として人気が高く、雑誌やWEBメディアでもよく取り上げられています。


【画像: (リンク ») 】 
【画像: (リンク ») 】

<“男前インテリア”を叶える「スケートボード」>
 そこでDOPPELGANGER(R)は、“男前インテリア”のアクセントに使える22インチの「ミニクルーザースケートボード」と31インチの「スケートボード」を発売します。 上述の分析を踏まえて、あえてシンプルなデザインに徹しました。 両サイズともひとつとして同じ表情がないロシアンメープルを素材に選定。 ハーフクリア仕上げで上質な素材感を残し、 ひと目でプラスチック製とわかる従来のミニクルーザーとは一線を画す仕上がりになっています。


【画像: (リンク ») 】 
【画像: (リンク ») 】

 使い込むほどにデッキが削れて現れるカラーレイヤーも、自分だけのスケートボードとして育てる楽しみのひとつ。 「ホワイトチョコレート」や「ココアパウダー」「WA-SAN-BON」など、カラー名においてもすぐに色が連想でき、親しみの持てる命名にしています。


【画像: (リンク ») 】 
【画像: (リンク ») 】


<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)

【製品名】ミニクルーザースケートボード
【型番:カラー】DSB002-WH:ホワイトチョコレート、DSB002-NA:パンケーキ
        DSB002-BR:ココアパウダー、DSB002-DP:ブラックティー
【デッキサイズ】22×6インチ
【サイズ・総重量】W56×L(D)15.3×H11.5cm、1.5kg
【トラック】3.25インチ
【ウィール】59mm(幅:46mm)、83A(材質:PU)
【ベアリング】 ABEC-7(材質:カーボン鋼球)
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:5,200円)
【製品ページ】 (リンク »)
        (リンク »)
        (リンク »)
        (リンク »)

【商品名】スケートボード
【型番:カラー】DSB001-WH:WA-SAN-BON、DSB001-DP:ブラックシュガー
        DSB001-NA:ブラウンシュガー、DSB001-BR:シナモンシュガー
【デッキサイズ】31×8インチ
【サイズ・総重量】W79×L(D)20×H13cm、2.2kg
【トラック】5.0インチ
【ウィール】52mm(幅:36mm)、92A(材質:PU)
【ベアリング】 ABEC-7(材質:カーボン鋼球)
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:6,400円)
【製品ページ】 (リンク »)
        (リンク »)
        (リンク »)
        (リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]