編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

データ侵害の報告件数が増加するにつれて損害も増加する

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2019-10-14 08:00

バラクーダネットワークスジャパンはコラム「データ侵害の報告件数が増加するにつれて損害も増加する」を公開しました。
###
データ侵害の発生件数が過去数年間で増加しているかどうかを判断することは困難ですが、その報告件数が増加していることは確実です。サイバーセキュリティリスク評価プロバイダであるRisk Based Securityのレポートによると、今年の前半で3,800件以上のデータ侵害が報告されています。データ侵害の報告件数は1年前の同時期と比較して54%増加しています。

このレポートによると、このようなデータ侵害のほとんどは、社外の攻撃者が実行しています。実際、データ侵害の上位3つのタイプは依然としてシステムまたはサービスへの不正アクセス、スキミング、およびインターネット上の機密データの漏洩です。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]