編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テレダイン・レクロイ、新しいフレキシブルなHDMI & DisplayPortのテスト機器を発表

プロトコルの機能テストから完全なコンプライアンステストまで対応

テレダイン・ジャパン株式会社

2019-10-29 14:30

イリノイ州 エルジン発(2019年10月22日) - プロトコル・テストソリューションの世界的リーダーであるテレダイン・レクロイは、quantumdata M41h(HDMI)およびM41d(DisplayPort)テスト機器を発表しました。このテスト機器は映像機器の設計者やSI向けにフレキシブルなテストを提供致します。

HDMI 2.1 または DisplayPort 1.4 ビデオ インターフェイスを実装した製品の設計者や技術者は製品の仕様に応じて、相互運用性と信頼性をテストおよび検証する必要があります。quantumdata M41hおよびM41dのフレキシブルなテスト機器は、機能テストから高度なアナライザにアップグレードすることもでき、また、必要に応じて各規格のコンプライアンステストも実行できます。開発者は個別に事前テストまたは自己テストを行うことが可能なため、コストを抑え、早期に製品をリリースすることができます。

テレダイン・レクロイのプロトコル・ソリューション・グループの副社長兼ゼネラルマネージャーのMichael Rommは「HDMIとDisplayPort技術を統合する際に幅広いテスト要件に対応する卓越した価値とフレキシブル性を提供するquantumdata M41hと M41dを紹介できることを嬉しく思います」と述べます。

quantumdata M41hおよびM41dテスト機器は小型で、自動テストアプリケーション用の効率的なAPIを介してリモートで制御することも、外部モニタとキーボードとマウスを使用してローカルで制御することも可能です。また、ラックに取り付けて設置することも可能です。

quantumdata M41hとM41dは、現在注文可能です。詳細については、 (リンク »)
および (リンク »)  のウェブサイトをご覧ください。

【オーダー・インフォメーション】
製品名    仕様         
M41h   HDMI対応アナライザ/ジェネレータ
M41d   DisplayPort対応アナライザ/ジェネレータ

【弊社ウェブサイトのURL】
リリースページ
(リンク »)


【Teledyne LeCroy Inc.について】
Teledyne LeCroy は高機能オシロスコープ、プロトコルアナライザのリーディングカンパニーです。製品性能や規格適合の検証、複雑化した機器のデバッグを詳細な情報を提供し支援します。1964 年の創業以来一貫して先進技術開発シーンの高度な要求に応え、みなさまの製品完成度向上に寄与してまいりました。米国ニューヨーク郊外、チェスナットリッジに本拠を構えます。詳細はこちら (リンク ») をご覧ください。なお製品の仕様や発表内容は、予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。

【この発表に関する問い合わせ先】
テレダイン・ジャパン株式会社
プロトコル・ソリューション・グループ
quantumdata製品担当:堀
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
Tel: 042-402-9402(直通) Fax: 042-402-9586
Email: lecroy.contact.japan@teledyne.com
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]