編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第69回 Federated Learning:モバイルデバイスを用いた分散学習技術(パート3)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2019-11-15 09:00

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第69回 Federated Learning:モバイルデバイスを用いた分散学習技術(パート3)」を公開しました。
###

はじめに
 前回に引き続き、2019年に公開された論文「Applied Federated Learning: Improving Google Keyboard Query Suggestions」を元にして、モバイルデバイスを用いた分散学習技術である「Federated Learning」の適用事例を紹介します。今回は、実際の学習状況や予測精度を示すデータについて説明します。

学習に使用するデバイスの選択

 Federated Learningの処理の流れについては、第67回(パート1)の記事で簡単に説明しました。学習ジョブを管理するサーバーは、一定の条件を満たすデバイスに学習処理を依頼した後に、それぞれの学習結果をサーバー側で集約します。学習に使用するデータはそれぞれのデバイス上で収集されたものですので、学習処理を依頼するデバイスの選択は、当然ながら、学習結果に影響を及ぼします。冒頭の論文には、次のようなデバイスの選択条件が示されています。

・WiFiネットワークに接続されており、充電中でスリープ状態になっている
・2GB以上のメモリーを搭載していて、Android SDK level 21以上がインストールされている
・言語設定がen-US、もしくは、en-CAになっている

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]