編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サイバーセキュリティ意識となりすまし

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2019-11-15 09:00

バラクーダネットジャパンはコラム「サイバーセキュリティ意識となりすまし」を公開しました。
###

毎年10月、バラクーダは、消費者と企業が最新の攻撃を防止できるように、サイバーセキュリティ意識とグローバルな取り組みについて考えています。これまでは、IoT(モノのインターネット)セキュリティ、デジタルスキミング、およびエンドユーザトレーニングの役割について説明してきました。本稿では、なりすましに注目します。

現在のテクノロジによって、さまざまなシステムが、かつてないほどに個人的で便利になっています。ソーシャルメディアで遠くに住んでいる友達の近況を常に知ることができ、Webサイトでローンを返済でき、スマートアシスタントで自宅を管理できます。このような接続と利便性は、オンラインの個人情報が実際の個人情報に一致している場合のみ、実現します。また、Facebookにログインするためのメールアドレスと同様にわかりやすい場合もあれば、オンラインで送信するローン口座または銀行口座の開設申込のプロファイルと同様にわかりにくい場合もあります。

簡単に言うと、現在のなりすましは、現金、クレジットカードなどを盗み出すために、他人の個人情報を悪用することです。DHS(米国国土安全保障省)のNCSAMによるなりすましに関する2019年のレポートからの調査結果の一部は下記のとおりです。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]