編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

CANopenを使用した4チャネルアナログ入力電圧/電流-uCAN.4.ai-BOX

CANopenを使用した4チャネルアナログ入力電圧/電流-uCAN.4.ai-BOX

ポジティブワン株式会社

2019-11-15 17:00

2019年11月15日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、支店:兵庫県神戸市)は、「CANopenを使用した4チャネルアナログ入力電圧/電流-uCAN.4.ai-BOX」の販売を開始いたします。
2019年11月15日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、支店:兵庫県神戸市)は、「CANopenを使用した4チャネルアナログ入力電圧/電流-uCAN.4.ai-BOX」の販売を開始いたします。

◆ CANopenを使用した4チャネルアナログ入力電圧/電流-uCAN.4.ai-BOX
uCAN.4.ai-BOXは、アナログ標準信号を取得するための拡張ユニバーサル測定モジュールです。デバイスは、合計サンプリングレート800 Hzで、±10 Vおよび0(4).. 20 mA信号の測定用に設計されています。

◆ 特徴
センサー信号は、頑丈なアルミダイキャストケーシング内で評価および線形化されます。データはCANバス経由で中央評価ユニットに送信されます。

・ CANプロトコル:CANopen CiA 404
・ アルミダイキャストケーシング、保護クラスIP66
・ 2つの2色LEDによるデバイスの状態とエラーの表示
・ 標準信号±10 V、0-20 mAおよび4-20 mAに対して最大24ビットの分解能で最大4つのアナログ入力を取得
・ アンチエイリアスフィルター
・ ハートビート機能によるモジュール監視
・ 自動起動

◆接続性
最大4つのアナログ信号を接続できます。オプションの測定単位のスケーリングは、CANバス経由でパラメーター化されます。

電圧:-10 V .. +10 V
電流:0 .. 20 mA
電流:4 .. 20 mA

◆ コミュニケーションズ
uCAN.4.ai-BOXのデジタル化されたアナログ値は、CANバス経由で送信されます。CANバスインターフェイスのビットレートは、50 kBit / s~1 MBit / sの範囲内で調整可能です。終端抵抗は、デバイスのスイッチを介してアクティブにできます。モジュールのCANopenプロトコルは、CANopen規格CiA 301、CiA 305およびCiA 404に準拠しています。11ビット識別子(CAN 2.0A)と29ビット識別子(CAN 2.0B)の両方をプロセスデータで使用できます。

◆ カスタマイズ
特定のニーズに応じて個々のモジュールまたは接続設備を製造したり、フィールドモジュール用の追加機能を開発したりできます。お問い合わせください。

制御盤用のデバイスをお探しですか?6チャンネルモジュールuCAN.6.ai-SNAPは、DINレールでわずか22.5 mmを占有します。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]