編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

牛の行動モニタリングシステム「U-motion®」がデンマークの農業研究機関SEGESが行う実証実験の対象に決定

NTTテクノクロス株式会社

2019-12-02 11:30

デザミス株式会社(以下、デザミス 本社:東京都江東区青海、代表取締役 兼 CEO:清家浩二)とNTTテクノクロス株式会社(以下、NTTテクノクロス 本社:東京都港区芝浦、代表取締役社長:串間和彦)は、デンマーク王国(以下、デンマーク)の農業研究機関SEGES(セゲス)と共同で、牛の行動モニタリングシステム「U-motion®」の実証実験をデンマーク国内で行います。
■内容
 デンマークの農業研究機関であるSEGESは、環境、衛生、アニマルウェルフェアなどに配慮しながら、デンマークの酪農・農業が効率的かつ競争力のある農業生産を目指し、農家へのコンサルテーションを行う組織です。SEGESが行うコンサルテーションの中に、農家が新しい技術や手法を積極的に取り入れるために、農家に代わりその審査と導入支援を行うFarmTestというプログラムがあります。今回、FarmTestの対象として「U-motion®」の有用性がSEGESに認められ、デザミスとNTTテクノクロスが実証実験に参画することが決定しました。

■実証実験概要
期間:2019年12月~2020年9月
地域:デンマーク
規模:のべ600頭(約200頭規模の牛舎や牧場3か所)
条件:品種はすべてホルスタイン、フリーストール牛舎
目的:U-motion®の機能の中で、発情アラートと疾病アラートが一定の基準を満たす品質であることを証明するための試験を実施

■今後の展開
 SEGESが認める性能をU-motion®が有しているという試験結果が出た場合には、SEGESによりその結果がレポート化されます。デザミスとNTTテクノクロスは、これにより欧州を筆頭に他地域へU-motion®の海外事業展開を進める予定です。

■U-motion®とは
 U-motion®とは、牛の行動をリアルタイムでモニタリングするサービスです。牛に装着した専用センサが、採食、飲水、起立、横臥、歩行、反芻などの行動データを24時間収集し続けます。十分な観察時間が確保できない状況でも、集積した膨大なデータを人工知能で解析し、発情兆候や健康状態を検知することで農場管理をサポートします。

このプレスリリースの付帯情報

実証実験を実施するデンマークの牛舎

用語解説

*「U-motion®」はデザミス株式会社の登録商標です。
*「U-motion®」で使われている牛の行動分析技術はNTTグループのAI「corevo®」を構成する技術の1つです。
*「corevo®」は日本電信電話株式会社の登録商標です。 ( (リンク ») )
* 記載されている商品名・会社名などの固有名詞は一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]