編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

SAS Institute Japan年頭所感

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2020-01-06 11:00


新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

SAS Institute Japan(以下、SASジャパン)は、2019年も引き続き幅広い産業においてAIテクノロジーの活用や高度なIoTソリューションの導入案件が増加し事業の成長を遂げることができました。

金融・証券分野においては、2018年に引き続き2019年も、FATF(Financial Action Task Force、金融活動作業部会)対日審査に向けた取り組みが継続し、SASのアンチ・マネー・ロンダリング(AML)ソリューションの導入が加速しました。またこれに加え、みずほ銀行様のAI技術等を活用した FinTech レンディングによる「みずほスマートビジネスローン」の取り組みなど、金融分野でのAIを活用したSASの導入が拡大しました。

ライフサイエンス分野においては、SAS Clinical Trial Data Transparency(CTDT)導入の進展に加え、製造プロセスの高度化や、営業・マーケティングへのSASソリューションの導入が拡大しました。また、製造分野においても、品質管理や製造プロセス革新での採用はもちろん、研究開発分野でのSAS製品の導入が進みました。特にマテリアル・インフォマティクスをはじめとする様々なテーマで、AIや機械学習を積極的に活用する企業での導入が広がっています。

2020年は、企業の「デジタル・トランスフォーメーション」 の取り組みが、ますます重要性を帯びるとともに、具体的な成果が求められる年になります。

SASは、お客様のデジタル・トランスフォーメーションを成功に導くため、「テクノロジー」だけでなく、「プロセス」、「人材」面のご支援にも力を入れて参ります。そのために、SASの製品ソリューションとコンサルティング・サービスが一体となり、パートナー様を含むSASを中心としたエコシステムをさらに強化し、お客様を包括的にサポートできる体制をより強固なものにしてまいります。
お客様の 「成功」 と日本企業のビジネスの成功に向け、アナリティクスのリーディング・カンパニーとして社員一同全力を尽くす所存です。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

SAS Institute Japan株式会社
代表取締役社長 堀田 徹哉

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。
その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]