編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

フィットネスとウエアラブルの未来をリードするHuami Amazfitが3分野の革新的6製品を発表

Huami

From: 共同通信PRワイヤー

2020-01-09 13:03

フィットネスとウエアラブルの未来をリードするHuami Amazfitが3分野の革新的6製品を発表

AsiaNet 82438 (0047)


【ラスベガス2020年1月8日PR Newswire=共同通信JBN】
*Huami Amazfitは「最も注目すべきスマートウエアラブルイノベーション企業」賞、Amazfit Powerbudsは「ベストTWSフィットネスイヤホン」賞を受賞

世界最大のウェアラブルテクノロジー企業の1つHuami(NYSE:HMI)はラスベガスで開催中のCES 2020で3分野にまたがる次の6新製品を発表、業界と消費者を驚かせた:未来的な没入型フィットネスでカテゴリーを再定義するAmazfit HomeStudio、折りたたみ式トレッドミルAmazfit AirRun(注1)、Clip-to-Goデザインの真のワイヤレスステレオ(TWS)フィットネスイヤホンAmazfit PowerBuds、快適な睡眠と健康状態をモニターするAmazfit ZenBuds、同ブランドのスマートウオッチ製品7シリーズの新モデルのアウトドア冒険家ウオッチAmazfit T-Rex、Amazfit BipSのアップグレード版。

Photo - (リンク »)
写真説明:Huami Amazfit発表イベント

こうした画期的なイノベーションとスマートウエアラブルでのAmazfitのリーダーシップが認められ、Huami Amazfitは、業界をリードするイノベーションに対して「Most Noteworthy Smart Wearable Innovation Enterprise(最も注目すべきスマートウエアラブルイノベーション企業)」賞、新たに発表したAmazfit PowerBudsに対して「Best TWS Fitness Earphones(ベストTWSフィットネスイヤホン)」賞の2賞をIDG(International Data Group)(注2)から授与された。

同社創業者のワン・フアン取締役会長兼最高経営責任者(CEO)は「当社の健康、フィットネス技術の専門知識をスマートウオッチやフィットネスバンドから没入型トレッドミルやイヤホンにまで広げることで、Amazfitは今後10年間のフィットネスの将来像を示し、2020年以降の健康とテクノロジーの結び付き方を示している」と語った。

プロフェッショナルでスタイリッシュなスマートウエアラブルとして知られるHuami Amazfitは、「LEAP OVER LIMITS(限界を超える)」というスローガンの精神で、世界中のユーザーにイノベーションを提供することを目指している。「Connect Health with Technology(健康と技術をつなぐ)」という同社の使命を胸に、Huamiはユーザーにとって最も信頼される健康とフィットネスのパートナーでありつつ、グローバルなヘルスケアエコシステムの確立に取り組んでいる。

プレスキットと高解像度の製品画像は以下からダウンロード: (リンク »)

(注1)「Amazfit AirRun」トレッドミルは「AirRun」とは別の製品である。

(注2)1964年に設立されたIDGは、テクノロジー業界で広く尊敬されている老舗で、世界有数のテクノロジーメディア、データ、マーケティングサービス企業である。

ソース:Huami

画像添付リンク: (リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]