編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

Ruby on Rails 海外事情コラム > 第52回 2019年世界でよく読まれたRuby on Railsの記事を紹介

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2020-01-20 09:00

CTC教育サービスはコラム「Ruby on Rails 海外事情コラム > 第52回 2019年世界でよく読まれたRuby on Railsの記事を紹介」を公開しました。
###

こんにちはー。野田貴子です。

今回も海外のRailsコラムを意訳してご紹介します。

2019年を振り返って、Ruby Weeklyのサイトから、2019年でよく見られた記事をダイジェストでご紹介します。

Railsアプリを遅くしてしまう間違ったActiveRecordの使い方 3選

一番人気のリンクは、今年の第3号に掲載されたものです。Nate Berkopecによる、count、where、present? のパフォーマンスの危険性に関する詳細な記事で、これらの使用を改善するためのアドバイスが書かれています。

NATE BERKOPEC

Rails 6.0のリリース
今年は非常に重要なRailsのリリースがありましたが、現時点では、おそらく皆さんはすでにこのバージョンに使い慣れていることでしょう。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]