編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

シオラボ氏によるネットワーク技術コラム第10回 「VLANとは」

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ

2020-01-20 08:00

人気コラムニストのシオラボ氏によるネットワーク技術コラム第10回 「VLANとは」が公開されました。興味がある方はご覧ください。
--
前回の「シオラボのネットワーク技術コラム」から、L3スイッチを取り上げています。L3スイッチは、ネットワーク層(第3層・レイヤ3)のプロトコルに基づいてデータ中継をおこなうネットワーク装置のことでしたね。各ポートにVLANを割り当てることができ、VLAN間通信をおこなうことができることが大きな特長であり、これこそがL2スイッチとの差別化ポイントです。L2スイッチはVLANでブロードキャストドメインを分割することはできますが、セグメント間のルーティング(VLAN間ルーティング)はできません。つまり、VLAN間ルーティングをおこなうには、ルータやL3スイッチなどの機器が必要になるということです。今回は、このVLAN間ルーティングの前提知識となるVLANについて、解説をしていくことにしましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]