編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

「商用データベースをAWSへ移行しよう」セミナーを2月21日に開催

~ Amazon Auroraへの移行で実践するDBマイグレーションのポイント ~

株式会社システムズ

2020-02-05 13:00

マイグレーション プロバイダ システムズは、商用データベースのAmazon Web Service(以下、AWS)への移行をテーマに、2020年 2月21日(金)に『商用データベースをAWSへ移行しよう ~ Amazon Auroraへの移行で実践するDBマイグレーションのポイント ~ 』と題したDBマイグレーションセミナーを開催いたします。今回のセミナーでは、商用データベースの移行先として、近年飛躍的に進化を続けているAWSの「Amazon Aurora」 へのデータベース移行をテーマに AWSとAmazon Aurora の最新情報から、商用データベースの移行のポイントまで、事例を用いながら紹介します。オンプレミスからAWSへの移行など、データベースマイグレーションを検討中の企業にとって、移行のメリットやコツを知ることができる貴重な機会。受講は無料ですので、お気軽にご参加ください。
株式会社システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小河原隆史)は、2月21日(金)に東京・五反田の東京本社セミナールームで、「商用データベースをAWSへ移行しよう」と題したプライベートセミナーを開催します。

企業情報システムの中核を担う「データベース」ですが、運用性や可用性、拡張性の向上、一部の商用データベースのライセンス費用の高騰やデータ量の増大などに伴い、インフラ環境およびデータベース「Amazon Web Service」(以下AWS)への移行は、最も有効な選択肢の1つとして注目を集めています。

マイグレーションプロバイダのシステムズが主催する定例セミナーの今回は、データベースマイグレーションにフォーカス。商用データベースの移行先として、近年飛躍的に進化を続けているAWSの「Amazon Aurora」 へのデータベース移行をテーマに AWSとAmazon Aurora の最新情報から、商用データベースの移行のポイントまで、事例を交えて紹介します。

今回は2つのセッションを用意、最初のセッションでは、AWSプレミアコンサルティングパートナーであるクラスメソッド株式会社をゲストに迎え、オンプレミスからAWSへの移行を成功させる秘訣と、AWSの数あるサービスの中でも著しく進化しているデータベース「Amazon Aurora」の特徴や活用方法についてご講演いただきます。

システムズ自身による2つめのセッションでは、当社が長年培ってきたレガシーマイグレーションの経験とノウハウを生かしたDBマイグレーションのポイントを、最新の“脱Oracle”事例などを交えながら解説します。

AWSへの移行をはじめ、データベースマイグレーションを検討中の企業にとって、移行のメリットやポイントをはじめ貴重な情報が入手できる格好のチャンスとなります。受講は無料ですので、お気軽にご参加ください。

―>> セミナーの概要 <<-
■日時:2020年2月21日(金) 14:30~16:30(受付開始:14:00)
■場所:システムズ 東京本社8階 セミナールーム
(地図:  (リンク ») )
■参加費:無 料/定 員:30名(定員になり次第、締め切ります)
■セミナープログラム概要
14:00 ~ 受付開始 / 14:30 ~ オープニング
14:40 ~ 15:30
< セッション1 > AWS移行編
「AWS移行のポイントからAurora利用で加速させるクラウド活用まで」
クラウドファーストがスタンダードとなった今、オンプレミスからの移行先として、なぜ多くの企業からAWSが選ばれているのでしょうか? 本セッションでは、AWSの特長やメリットに加えて、クラウド移行を成功に導くポイントを、事例を用いながらご紹介します。また、AWSの数あるサービスの中でも最も急速に進化を続けるAmazon Auroraを選択することで享受できるメリットについて、その特徴や活用方法と合わせて詳しく解説します。
クラスメソッド株式会社 AWS事業本部コンサルティング部
シニアソリューションアーキテクト 八幡 豊 氏

15:40 ~ 16:20
< セッション2 > DBマイグレーション編
「長年のマイグレーション実績から見たデータベース全体移行の進め方」
~ DBマイグレーションはアプリケーション移行が課題に~
商用データベース(主にOracle)のライセンス体系の変更や新保守費用の適用による、データベースの運用コストの高騰を背景として、近年、商用データベースから脱却したいというDBマイグレーションに関する問い合わせが増えています。本セッションでは、マイグレーションプロバイダのシステムズが長年培ってきた、ホスト系・オープン系レガシーマイグレーションの実績を元に、最新の「脱Oracle」事例などを交えながら、商用データベースの移行先として希望の多いPostgreSQLを始め、注目を集めつつあるAmazon Aurora DBへの移行を成功させるポイントについて解説いたします。
株式会社システムズ ITソリューション事業本部 ITソリューション営業企画部
部長 板倉 利幸

16:30 質疑応答/マイグレーション個別相談会

■セミナーの詳細とお申込みはこちら  (リンク »)


■システムズの『レガシーマイグレーション』サービス ポータルサイト (リンク »)
■マイグレーションセミナー・イベント情報 Webサイトはこちらから  (リンク »)
■おかげさまでシステムズは創立50周年。 次の半世紀も進化し続けます。
50周年スペシャルサイトはこちらから  (リンク »)

■株式会社システムズについて 
 当社は、1969年に設立されコンピュータ・システムの進化とともに歩んでまいりました。基幹系システム、情報系システム、Webソリューションの構築において幅広い実績を積むとともに、『マイグレーション特許』を2003年に取得(特許第3494376号)。現在、関連特許を含め国内外で18の特許を保有。独自のシステム開発にも磨きを掛け、事業領域を拡げながら進化し、現在に至っております。

■会社概要 
社名: 株式会社システムズ
代表取締役社長: 小河原 隆史
住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-5 西五反田102ビル8F
会社URL: (リンク »)
TEL: 03-3493-0033(代表) / FAX: 03-3493-2033
[事業内容]
・マイグレーション/モダナイゼーション(レガシーシステム移行・近代化)
・システム インテグレーション/システム コンサルティング
・ソフトウェア受託開発/ソフトウェアパッケージ販売/情報処理機器販売

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社システムズ 事業推進室 広報担当:中本
TEL:03-3493-0032 / E-mail:news_release@migration.jp

【商標について】
文中の社名、商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社システムズの関連情報

  • NECとシステムズ、Windows Vista対応システム導入分野で協業

    NECとシステムズは、Windows Vista対応システム導入ソリューションの販売で協業する。VistaやOffice2007導入にともなうコンサルティングサービスや、アップデートが必要な周辺ミドルウェア製品の組み合わせ検証などに取り組む。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]