編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

「Zabbixによる監視(8)」

鈴与シンワート株式会社

2020-02-10 08:00

人気コラムニストである宮﨑悟氏によるコラム「Zabbixによる監視(8)」が鈴与シンワートで公開されました。 興味がある方はご覧ください。
--
前回は、テンプレートやディスカバリ機能を紹介しました。今回は、SNMP機器監視について説明しようと思います。

|SNMP機器監視
|SNMPとは

SNMP(Simple Network Management Protocol))は、TCP/IPで接続された機器の監視・制御プロトコルです。直接アクセスできないネットワークスイッチ・ルータ・ロードバランサ・ストレージなどの機器にも搭載されていることがあります。Windows・Linux・UNIXを積んだサーバでも、SNMPエージェントを起動することでSNMP経由の監視が可能です。
SNMPには、v1~v3のバージョンがあり、SNMPv3では接続認証が必須になります。SNMPで確認できる情報は、MIB(Management Information Base)として機器に登録されています。MIBには標準MIBとメーカーごとに設定されるMIBがあります。MIBではMIB名とOIDが紐付けられています。

SNMPサーバは複数のSNMPエージェントへ通信し、機器の情報を収集することが出来るサービスを提供します。SNMPエージェントは主に障害などの発生時に、登録したSNMPサーバに対してSNMPトラップを送信することで障害を伝えることが出来ます。

Zabbix Serverは net-SNMPトラップをSNMPサーバとして使用することで、SNMPエージェントからの通信を収集することが出来ます。機器からのSNMPトラップ も同様に受けることが出来ます。Zabbix Agentをインストールできないこれら機器について、SNMPプロトコルを使用して機器のステータスを監視することが出来ます。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]