編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

FXC、“さっぽろ雪まつり” 8K非圧縮映像伝送実験映像公開デモに参加

昨年に続き、NICT主催の実証実験に、1U サイズで200Gbps帯域をつくる「LE200M」と「LE100AD」を提供

FXC株式会社

2020-03-31 13:00

FXC株式会は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)主催の実証実験において、2月に開催された"さっぽろ雪まつり"会場を基点に、大阪・東京・沖縄など、複数の拠点を結んだ「8K非圧縮映像伝送実験映像公開デモ」に参加いたしました。
FXC株式会(本社:東京都台東区、代表取締役:谷輪 重之)は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)(*1)主催の実証実験において、2月に開催された"さっぽろ雪まつり"会場を基点に、大阪・東京・沖縄など、複数の拠点を結んだ「8K非圧縮映像伝送実験映像公開デモ」に参加いたしました。

 今回の実証実験は、2月に開催された"さっぽろ雪まつり"雪像前に設置したカメラからの8K立体ライブ映像(時間帯により夜間プロジェクションマッピング録画映像)を中継しました。
 今回公開する映像は、フル解像度の8Kカメラ2台で撮影、データ非圧縮で伝送する立体映像となります。カメラ1台あたりからのデータ通信量は51Gbpsにも及ぶため、実験では2本の100Gbps回線による伝送を行いました。会場では、フル解像度のカメラ映像による超高精細・多階調による豊かな色表現も体感いただきました。
 FXCは昨年に続き4回目の参加となります。実証実験ではFXC製の超小型伝送装置「LE200M」が北海道-1アクセスポイントと北海道1DC(SINET)(*2)間、超小型ADM(*3)ボックス「LE100AD」DWDM8ch MUX/DEMUXユニット「LE1708-2F」が北海道-1アクセスポイントと「さっぽろ雪まつり」会場の大通公園間をそれぞれ200G、2芯で、大阪会場では「LE200M」が近畿-1アクセスポイント(大阪)とグランフロント大阪間をそれぞれ橋渡しする役割を担いました。

※実証実験の詳しい内容は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の【実験の全体構成】(画像提供:国立研究開発法人 情報通信研究機構)プレスリリースでご覧いただけます。
▶さっぽろ雪まつり” 8K非圧縮映像伝送実験 映像公開デモ 
  (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

実験の全体構成とFXC機器の位置付け

用語解説

(*1)NICT…National Institute of Information and Communications Technologyの略称。
  NICTホームページ  (リンク »)
(*2)SINET…Science Information NETworkの略。国立情報学研究所(NII)が日本全国の大学、研究機関等の学術情報基盤として構築、運用している学術情報ネットワーク。
(*3)ADM…Add Drop Multiplexingの略称。アド/ドロップマルチプレクサ。 既存の高帯域幅データストリームに 複数の低帯域幅信号を追加する機能と低帯域データ速度チャネルのトラフィックを、より高帯域の集合チャネルに多重、または分割するデバイス。 他の低帯域幅信号をアドまたはドロップし、ストリームから削除してリダイレクトする機能も備えている。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

FXC株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]