編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

1ポートあたり最大90Wの大容量給電を実現するPoE++対応のスイッチ2種をリリース

アライドテレシスホールディングス株式会社

From: Digital PR Platform

2020-04-16 18:00


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、IEEE 802.3bt(PoE++)*1対応のスイッチ「AT-x320-10GH 」「AT-GS980EM/10H」およびオプション製品の出荷を4月17日より開始します。
(リンク »)
AT-x320-10GH
(リンク »)
AT-GS980EM/10H
(リンク »)
AT-x320-10GHと外付け電源ユニット AT-PWR300-70および
19インチラックマウントキット AT-RKMT-J15組合せ例

PoE受電対応のネットワークカメラの高画質化や、無線端末の普及による無線LANアクセスポイントの利用、およびアクセスポイントの高機能化にともない消費電力が増加し、より大容量の給電が可能なPoE*2給電の需要が高まっています。

当社はそのような需要に応えるために、PoE++に対応した新シリーズのスイッチ製品CentreCOM x320シリーズ「AT-x320-10GH」、CentreCOM Secure HUB GS980EMシリーズ「AT-GS980EM/10H」をリリースします。従来のPoE+(IEEE 802.3at)では最大30W*3の給電が可能でしたが、PoE++では最大90W*3の給電が可能となります。アドバンストモデルの「AT-x320-10GH」とエントリーモデルとなる「AT-GS980EM/10H」の2種類を同時にリリースしますので、用途に合わせて製品をお選びいただけます。

ファンレスデザインと大容量のPoE++給電、そしてアライドテレシスの独自OSであるAlliedWare Plus OSによる豊富なスイッチング・ルーティング機能を備えた、レイヤー3 ギガビット・インテリジェント・スイッチです。最大90WのPoE++給電が可能な1GbEポートを8ポート搭載し、別売りの電源(AT-PWR300-70)を3台接続した場合は全ポートに90W*3、1製品あたり最大720WのPoE給電が可能です。大容量の給電能力により、高機能化が進む受電機器の導入を推進します。

■アドバンストモデル「AT-x320-10GH」
広い温度範囲と多彩なソフトウェア機能で、スマートビルディングや工場、倉庫のPoEスイッチとしての利用や、レイヤー3スイッチ機能とファンレス設計により、静穏性とネットワーク集約が求められる学校や病院のディストリビューション・スイッチ用途に最適な性能を発揮します。
 
<図:スマートビルディングソリューション>
(リンク »)
詳細は、Webサイト「ソリューション:進化したPoEで自由度の高い電力供給を」をご覧ください。
(リンク »)

■エントリーモデル「AT-GS980EM/10H」
AT-x320-10GHと同じ給電能力を搭載しながら、ネットワークエッジ向けに機能を絞ることで、高いコストパフォーマンスを実現したエントリーモデルのPoE++スイッチです。
PoE++給電を活かした次世代無線LANアクセスポイントの集約スイッチとしての利用や、エッジでのルーティングを最小限のコストで実現するエッジ・スイッチソリューションを提供可能な製品です。

<表: AT-x320-10GHとAT-GS980EM/10Hの機能差分>
(リンク »)

<新製品>
リリース予定日:4月17日
(リンク »)

*1 IEEE 802.3btは準拠予定です。
*2 PoE:Power over Ethernet は、LANケーブルを利用し電力を供給し、受電する機器側の電源が不要となる仕組みです。PoE給電対応の機器にて電力の供給が可能となり、給電するLANケーブルにはCat 5E以上の仕様が必要です。
*3 1ポートあたりの最大給電量です。
*4 本製品はアカデミック型番がございます。アカデミック製品は文教ユーザー様に、デリバリースタンダード保守5年/7年付の製品または5年/7年の時限付フィーチャーライセンスを特別価格でご提供するものです。本製品は、文教ユーザー様に限定させていただきます。詳細は下記URLをご覧ください。
(リンク »)
*5 本製品はデリバリースタンダード保守付の保守バンドル製品がございます。保守バンドル製品についての詳細は下記URLをご覧ください。
(リンク »)
注)AT-x320-10GH、AT-GS980EM/10Hは、別売りの300W電源「AT-PWR300-70」で駆動します。
注)サポートチケットについては当社ホームページをご覧ください。

---------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL: (リンク »)
---------------------------------------------------------------------
<< ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
E-mail: pr_mktg@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL: (リンク »)
アライドテレシス株式会社 東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]