編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「L3スイッチでのQoS(1)」

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ

2020-05-08 08:00

SCSKネットワークプロダクト部は人気コラムニストのシオラボ氏のネットワーク技術コラム第12回「L3スイッチでのQoS(1)」を公開しました。興味がある方は、ご覧ください。
--
前回までの「シオラボのネットワーク技術コラム」では、L3スイッチにおいて非常に重要な機能であるVLANとVLAN間ルーティングについて説明しました。ネットワークの規模が大きくなってくると、それにともなって、セグメントを分割したいケースが多く出てきます。例えば、部署ごとにセグメントを割り当てて、アクセスできる範囲を限定したいといった場合です。しかし、セグメントを分割したいといった要望はあるものの、ネットワーク機器が限られているということもあります。そういった場合に、VLANを構築するのは良い選択です。VLANの設定はやや複雑ですが、特にタグVLANを実際に設定してみると混乱してしまい、うまくいかないこともあります。そんなときは、まず基本に立ち返って、VLANの概念から復習してみるとよいかもしれません。

さて、今回は、QoSについて説明していきます。QoSは、L3スイッチに限った機能ではありませんが、オンラインミーティングでは大活躍の技術です。QoSについて基本的な知識を理解しておきましょう。
(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]