編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

リアルタイムのサッカー試合勝敗予測システム(AI11)を韓国 Kリーグに提供

データアーティスト株式会社

From: PR TIMES

2020-05-26 16:05

プロサッカーリーグでの導入としては世界初の試み

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)、データアーティスト株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 覚)及びTeam Twelve Inc. (本社:韓国ソウル、社長:Jeongsun Park)3社は、AIによるリアルタイムのサッカー試合勝敗予測システム(AI11)を韓国 KリーグのLIVE配信プラットフォームに提供します。



[画像1: (リンク ») ]


5月8日に行われたKリーグの開幕戦(全北VS蔚山@全州ワールドカップスタジアム)において、試合勝敗予測システムとしてAI11が導入されました。これはプロサッカーリーグでの導入としては世界初 試みとなります。今後、当システムはKリーグおよび公式LIVEプラットフォーム独占コンテンツとして、毎節1試合で活用されることになります。

株式会社電通、データアーティスト株式会社及びTeam Twelve Inc3社は試合勝敗予測システムに使用されている技術の特許出願済みで、 今後は試合勝敗予測システムをサッカーリーグだけでなく、その他のチームスポーツへの展開を検討しています。

[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

データアーティスト株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]