編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

低消費IoT端末を実現可能なi.MX RT1062搭載システムオンモジュールの販売開始

低消費IoT端末を実現可能なi.MX RT1062搭載システムオンモジュールの販売開始

ポジティブワン株式会社

2020-06-02 17:00

020年6月2日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、i.MX RT1062搭載システムオンモジュールの販売を開始いたします。

◇リアルタイム処理と高速パフォーマンス
i.MX RT1062は最高性能でのCortex-M7の 13倍良好LPC1788マイクロコントローラよりも、3036CoreMarksを供給。高速パフォーマンスに加えて、高速のリアルタイム応答性を提供します。

これは、マイクロコントローラーが十分なパフォーマンスを提供できなくなった場合、およびアプリケーションプロセッサーを使用してLinuxユニバースに完全に転送しない理由がある場合に最適なオプションです。

◇マルチメディア機能
i.MX RT1062は、優れたオーディオ、2Dビデオアクセラレータ、ピクセル処理、カメラセンサーなど、マイクロコントローラーモジュールの中で最も包括的なマルチメディア機能を備えています。

◇幅広い接続オプション
このモジュールは、低消費電力と、Wi-FiやBluetoothなどの幅広い高度な接続オプションも提供します。

◇温度範囲
-40~+85℃の工業用温度範囲で使用できます。工業用(温度範囲)バージョンは常時オンのアプリケーションに適しています。

CPUの詳細
・ CPU Cortex-M7 @ 528 MHz
・ SRAM:1 MByte、SDRAM:32 MByte
・ Flash 4 MByte OctalSPI EcoXiPフラッシュ

マルチメディア
・ グラフィックス出力 パラレルRGB
・ ハードウェア2D / 3Dグラフィック ピクセル処理パイプライン
・ ハードウェアビデオ SWのみ
・ グラフィック入力 並列CSI
・ オーディオ 3x SAI、SPDIF

接続性
・ イーサネット 10/100 Mbps
・ USB 2x HS USB 2.0 OTG
・ Wi-Fi (オプション)
・ FlexIO 2ブロック
・ シリアル 2x CAN、4x I2C、4x SPI、8x UART
・ ADC / PWM 8 ch(12ビット)/ 16 ch
・ SD 2x USDHC

物理的
・ 温度 -40~85℃
・ サイズ 68 x 30 mm
・ コネクタ 200SODIMM
ポジティブワンは、キャリアボードの受託開発、ユースケースに合わせたソフトウエア開発を行うことが可能です。特に、画像や映像を扱った製品に対して強みを発揮いたします。製造やOEMユースケースにも積極的にアプローチしております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、IoT端末、エッジコンピュータ、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]