編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

SASとMicrosoft、アナリティクスとAIの未来をかたちづくるパートナーシップを締結

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2020-06-16 11:00


アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)とMicrosoftは、本日、広範なテクノロジーとgo-to-market戦略についてのパートナーシップを発表しました。両社は顧客企業がSAS®のワークロードをクラウドで容易に運用できるようにすることで、ビジネスソリューションを拡張し、デジタルトランスフォーメーションの取り組みから最大限の価値を引き出せるようにしていきます。パートナーシップの一環として、両社はMicrosoft AzureをSAS Cloudの推奨クラウド事業者とし、SASのアナリティクス製品やインダストリー・ソリューションのAzureへの移行を進めます。また、ヘルスケア、金融サービスを始めとするさまざまな業界におよぶMicrosoftの顧客企業に対しても、SASの持つインダストリー・ソリューションや専門的ノウハウが付加価値をもたらすことになります。今回のパートナーシップはAzure、Dynamics 365、Microsoft 365、Power Platform向けのあらゆるMicrosoftのクラウドソリューションにSASを組み込み、これを基盤としてAIやアナリティクスをさらに民主化するという両社が共有するビジョンをサポートするものです。

MicrosoftのクラウドおよびAI担当エグゼクティブバイスプレジデント、スコット・ガスリー(Scott Guthrie)は次のように述べています。
「MicrosoftとSASはこのパートナーシップを通じて顧客の成長を加速し、Microsoft Azure上で提供されるSASの幅広いアナリティクス製品によってイノベーションを推進する新たな方法が見出せるよう支援します。アナリティクスやデータサイエンス、機械学習における専門知識が高く評価されているSASはMicrosoftの戦略パトナーとして、共にさまざまな業界の顧客が最も重大で複雑な分析上の課題に対処できるよう支援していきます。」

世界中の組織がイノベーションを進め、ビジネス目標の実現に向けて迅速に行動を起こせるよう、クラウドへ移行しています。こうした変革の一環として、多くの企業がSASの分析ワークロードをAzureに移してパフォーマンスを向上させ、コスト効率を改善しようとしています。そうした企業の1つとして、セントルイスを拠点に医療システムを提供するMercyが挙げられます。

Mercyのデータアナリティクス担当バイスプレジデント、カーティス・ダドリー(Curtis Dudley)氏は次のように述べています。
「Mercyではいかに継続的に患者のケアや治療効果を改善できるかという点に力を注いでおり、そのためにデータ分析や機械学習が果たす役割を重視しています。SASやMicrosoftと連携することによって、私たちは分析ソフトウェアやAzureのクラウドプラットフォームをフルに活かしてリアルワールドエビデンス(Real World Evidence )の活用能力を強化することができます。これにより治療効果を高めるとともに、より多くの情報をもとにして治療を行うことができます。SASとMicrosoftがパートナーシップを組んだことで、今後さらにスピードやスケーラビリティを高めて一層幅広い種類のアナリティクスソリューションを活用できる可能性が広がり、新たな治療モデルが実現できるものと期待しています。」

組織のクラウド・トランスフォーメーションの取り組みをシームレスに加速するために、両社は協力してSASの製品やソリューションが確実にAzure上で実装され、効果的に動作するよう取り組んでいます。

SASのCTO(最高技術責任者)兼COO(最高執行責任者)、オリバー・シャーベンバーガー(Oliver Schabenberger)は次のように述べています。
「SASとMicrosoftには顧客のデジタルトランスフォーメーションを加速するという共通のビジョンがあり、いずれの会社もデータを充実させてより良い判断を下すことが生活の向上につながることを理解しています。Microsoftとパートナーシップを組むことで顧客はよりスムーズにクラウドへ移行できるようになり、SASソリューションへのアクセスは、より迅速で強力かつ容易となります。そして、スキルレベルに関わらず誰もがアナリティクスを理解し、信頼性の高い判断が行えるようになります。」

このパートナーシップの一環として、クラウドネイティブなSAS® Viya®の最新リリースをAzure向けに最適化するほか、不正行為から小売業におけるリスクまで対応するSASインダストリー・ソリューションのディープなポートフォリオをAzureマーケットプレイスに搭載し、顧客に生産性の向上やビジネス成果の強化をもたらします。

IDCのチャネル&アライアンス、プログラム担当バイスプレジデントであるスティーブ・ホワイト(Steve White)氏は、次のように述べています。
「アナリティクスのリーダーであるSASとクラウドのリーダーとしてのMicrosoftのパートナーシップは、興味深い戦略的提携となるでしょう。SASは、Microsoftのクラウドポートフォリオ全体 (Azure, Microsoft 365, Dynamics 365 & Power BI) にわたって統合を構築する計画を立てており、多くの共同ソリューションの可能性が開けています。」

MicrosoftとSASはこのパートナーシップを通じて、特定業界向けのモデルを含めたSASの分析能力をAzureやDynamics 365に統合する可能性も探っていきます。さらに両社は、複数の業界にまたがるSASのサービスを当初から組み入れてすぐに販売できる新しい共同ソリューションの構築の可能性も模索しています。こうした統合をさらに進めることで、SASの顧客企業はクラウドのスケーラビリティや柔軟性を最大限に活かしたアナリティクスやAIのワークロードを活用できるようになります。例えば、MicrosoftとSASはすでに、Microsoft のAzure IoTプラットフォームとSASのエッジツークラウドのIoTアナリティクスやAI機能を組み合わせて、IoTによって生成される膨大な量のデータを大規模なスケールで活用できるソリューションを顧客に提供しています。現在、ノースカロライナ州キャリーではMicrosoft とSASのジョイントIoT製品を使って非常に重要な洪水予測ソリューションを実現させています。

ノースカロライナ州キャリーのCIO(最高情報責任者)を務めるニコル・ライムンド(Nicole Raimundo)氏は次のように述べています。
「集中豪雨は世界中どこでも起こることで、この町も例外ではありません。センサーや気象データ、SASのIoTアナリティクス、Azure IoTプラットフォームを活用することで、水位の上昇レベルについての状況認識を高め、洪水が発生する可能性のある場所を予測し、自動化によって緊急時の対応を改善できると期待しています。この町ではこうしたデータを近隣地域とも共有できるようになっており、住民へのサービス向上に貢献していると自負しています。」

両社の共同販売や市場投入活動のサポートの下で、今年後半にはさらに新たなSASの製品やソリューションの提供を開始する予定です。これによってSASとMicrosoftの顧客は、継続的にイノベーションを進めながら、最も重大で複雑な分析の課題に対応できるようになります。SASはMicrosoft 365やDynamics 365を利用して社内オペレーションを強化する取り組みも進めています。

本日の発表は、世界最大級のアナリティクス・カンファレンスであるSAS Global Forum 2020と併せて行われるものです。今年度のカンファレンスは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大の影響を受けてオンラインで開催されています。今回のパートナーシップについては、6月16日の午前11時(米国東部標準時)に行われるSAS Executive Welcomeの中で、SASとMicrosoftの双方のエグゼクティブが詳しい説明を行います。是非、このバーチャルイベントの参加登録をお済ませください。
(リンク »)

SAS とMicrosoftのパートナーシップの詳細に加え、予定されるSAS on Azureのバーチャルイベントの参加登録については、こちらをご覧ください。
(リンク »)

*2020年6月15日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

Microsoftについて
Microsoft(Nasdaq “MSFT” @microsoft)はインテリジェントクラウドとインテリジェントエッジの時代に向けて、デジタルトランスフォーメーションを実現します。地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くを達成できるようにすることが、Microsoftのミッションです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]