編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

サイバー攻撃ターゲットとして最大のMicrosoft 365メールのセキュリティを強化 アイ・アイ・エムがVade Secure社と代理店契約を締結

―AI・機械学習モデルで、未知の標的型攻撃を検知―

株式会社アイ・アイ・エム

2020-07-16 15:00

株式会社アイ・アイ・エム(代表取締役社長:関根 淳、本社:東京都中央区、以下 アイ・アイ・エム)は、このたび、ISPや通信キャリア向けの大規模メールシステムのセキュリティリーダーであるVade Secure(CEO:Georges Lotigier、本社:仏リール市、以下 Vade Secure 社)と代理店契約を締結しました。

これによりアイ・アイ・エムは、Vade Secure社が新たに企業向け市場に展開を始める「Vade Secure for Microsoft 365」*1の販売を2020年7月16日より開始します。

Microsoft 365は単一のアプリケーションで1億人以上のユーザーをサイバー攻撃することが可能であるため、近年、サイバー攻撃者にとって大きなターゲットとなっています。
そのため、Microsoft 365メールは、サイバー攻撃のエントリーポイントとなり、セキュリティ対策の重要性が高まっています。

Exchange Online Protection (EOP) などのMicrosoft 365のセキュリティ機能は、スパムメールや既知の脅威の大半を捕獲できますが、未知のダイナミックな脅威から防御するためには追加保護が必要です。

Vade Secure for Microsoft 365は、URLと添付ファイルを含むメール全体のリアルタイムなふるまい分析を行う機械学習モデルとAIを使って、高度なフィッシングやスピアフィッシング、マルウェア攻撃からユーザーとビジネスを保護することが可能なソリューションで、全世界で6億を超えるメールボックスの保護を行っています。

またVade Secure for Microsoft 365は、Microsoft 365とのAPIベースの統合により、マイクロソフトのセキュリティ(EOP)を置き換えるのではなく、強化する保護層を追加します。クラウドサービス対応アーキテクチャーにより、インストールは数クリックで完了し、システムを変更することなく、慣れ親しんだOutlookのユーザー体験を継続して利用することが可能です。

アイ・アイ・エムはこれまで、大企業向けのセキュリティソリューションを展開してきましたが、「Vade Secure for Microsoft 365」の拡充によって、企業が抱えるさまざまなセキュリティ課題を解決するためにさらに幅広い提案が実現可能となりました。

今回の発表にあたり、Vade Secure社より以下のエンドースメントをいただいています。

<Vade Secure社からのエンドースメント>
「IIMとのパートナーシップは、主要なパートナーを通じてMicrosoft 365ユーザーの潜在的なニーズに対応するための国際的な開発戦略の一部です」と、グローバル・チャネルセールス担当上級副社長のフレデリック・ブラウトは述べています。 「私たちはIIMと協力して、Vade Secureにとって主要な市場である日本国内における中規模から大規模のエンタープライズ市場に完全に適応し、標的を絞ったサイバー攻撃からユーザーを保護するセキュリティを強化するのに役立つソリューションにより、セキュリティポートフォリオを強化できることを大変嬉しく思います。」

【Vade Secure 社について】
名称  : Vade Secure
所在地 : フランス リール市
URL  : (リンク »)
設立  : 2009 年
CEO  : Georges Lotigier


*1 Office 365の製品名称がMicrosoft 365に変更されたことに伴い、本製品名称もVade Secure for Office 365 から Vade Secure for Microsoft 365 に変更となっています。

※本文中に記載されている製品名などは各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

【Vade Secure for Microsoft 365 製品構成】

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]