編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Aruba、小規模ネットワーク向けポートフォリオ “Aruba Instant ON” に有線ネットワーク製品を拡張

日本ヒューレット・パッカード株式会社

From: Digital PR Platform

2020-08-06 10:28













2020年8月5日発表

(リンク »)


Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company (NYSE: HPE) は本日、Aruba Instant On の製品ポートフォリオに新たにスイッチシリーズを投入したことを発表しました。有線・無線の統合管理により、小規模ネットワークは、よりシンプルで高速なネットワークを迅速に導入でき、セットアップや管理、メンテナンスを簡単に行えるようになります。事業継続戦略の一環、あるいは接続性の向上など、多様な目的や環境を支援する、この新しいクラウド管理型スイッチ Aruba Instant On 1930 シリーズは、屋内外に設置した既存の Instant Onアクセスポイントとシームレスに統合し、Instant On モバイルアプリで一元管理が可能です。

(リンク »)
(リンク »)


シームレスでセキュアなネットワーク接続を求める声は、小規模企業に対しても等しく高まっています。こうした期待は、ネットワーク問題を専門に処理する充分な IT スタッフを置くだけの資源がない中堅・中小企業にとって大きな課題です。また、新型コロナウイルス (COVID-19) の世界的流行によってもたらされたニューノーマルでは、ソーシャルディスタンスの徹底により、ビジネスにおける他者との関わり方やビジネスモデルが、対面中心からオンラインで完結されるなど根本的な変貌を遂げています。このことがネットワーク需要をより流動化させる要因ともなっています。地域の食料品店やレストランをはじめ、生活に不可欠なさまざまなビジネス領域でも、現在の環境下で事業を継続させるため、これまでの運営を大きく転換する必要に迫られています。SMB Group社の調査 によれば、「すでに 中堅中小企業の 71% が物理環境から仮想環境に業務を移行しており、16% が同様の施策を計画中」とのことです。[1]

企業、政府、教育向けのテクノロジー製品とサービスのプロバイダである米CDW社 のSMB担当バイス・プレジデント、ノーム・リリス氏は、次のように述べています。「Aruba Instant On シリーズに、今回この新製品が加わったことで、Aruba は『設置さえすれば あとは全て任せてしまえるようにしてほしい』という中小企業の切実な願いに真摯に向き合いながら、きわめて強固なセキュリティと、中小規模の企業に不可欠なシンプルな管理を実現しています。特に現在の先行き不透明な情勢下、地域社会に不可欠なサービスを提供しつづけるには喫緊の優先事項が山積する小規模組織にとって、今日の事業を明日そして将来へと不断に継続する努力を支え、信頼に応えてくれる IT ソリューションこそが必要とされているのです」

大企業と同様、中小企業にとっても信頼性、セキュリティおよびインフラストラクチャの費用負担は重要事項ですが、特に中小企業に特有の大きな課題は、ネットワークの設定や複雑な管理を担当する人員が不足していることです。進化の早いビジネス用ネットワークやそれに対応して高い処理能力を要求される多様なITに常に適合できるネットワーク・ソリューションを選択する上できわめて重要な要素は、シンプルに運用できることです。こうした課題に応えるため、Aruba Instant On は、全てのネットワークサービスを統合、一括して管理できるよう設計され、スイッチとアクセスポイントの双方を 1つのアーキテクチャで構成するとともに、ネットワーク全体を簡単に設定、監視、管理できる革新的なモバイルアプリを提供します。

(リンク »)


Instant On 1930 スイッチシリーズの特長:


8、24また48の1G ポート、PoE 対応、10G SFP 接続で柔軟に構成
IEEE802.3at PoE+を全ポートに搭載し幅広い IoTデバイスに給電
環境に合わせ常に柔軟に選択できる管理モード:

モバイルアプリまたは Web ブラウザからのクラウド管理
ローカル Web GUI


ライフタイム保証 (一部制限あり) で最大限の投資保護


Arubaのバイス・プレジデント兼 Global Small and Medium Business のジェネラルマネージャーを務めるアーモル・ミトラは次のように述べています。「中小企業が私たちの社会で果たしている役割はきわめて重要なものです。日常生活を送るうえで欠くことのできないサービスを提供する側にとって、顧客とつながっているということは今日では絶対条件になっています。セキュアで高性能、大企業並みの接続性を備えるシンプルで手間のかからないワイヤレスソリューションをお求めであれば、Aruba Instant On がその解答になるでしょう」

価格と入手時期
Aruba Instant On 1930 スイッチシリーズは日本国内での販売を既に開始しており、 標準価格は19,000円からとなっています。中小企業向け Instant On 製品シリーズについて、詳しい情報は Aruba Instant On特設サイトをご覧ください。


##



出典:[1] SMB Group, “Organizational Issues Facing SMB Operations During COVID-19 And Business Solutions,” April 2020





【関連情報】


Instant Onコミュニティサイト(英語)では、ユーザーやパートナーのみなさまを交え1,700名以上のコミュニティーメンバが最新の情報を活発に交換しています。 (リンク »)



高精細画像は以下よりダウンロードしてご利用下さい


(リンク »)
Download Small(52.88 KB)
(リンク »)
Download Full Size(2.84 MB)
(リンク »)


(リンク »)
Download Small(53.49 KB)
(リンク »)
Download Full Size(715.69 KB)
(リンク »)


​​​​​​​Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyについて
Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyは、全世界のあらゆる規模の企業に次世代ネットワーク・ソリューションを提供する主要プロバイダです。モバイルに精通し、仕事やプライベートのあらゆる場面でクラウドベースのビジネス・アプリを活用する新世代の能力を企業が最大に引き出せるよう支援するITソリューションを提供しています。Arubaについての詳細は、 (リンク ») )では、モビリティとAruba製品に関する最新の技術的討論を覧いただけます。

© 2020 Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company
Aruba Networks®, Aruba The Mobile Edge Company® (stylized), Aruba Mobility-Defined Networks™, Aruba Mobility Management System®, People Move Networks Must Follow®, Mobile Edge Architecture®, RFProtect®, Green Island®, ETips®, ClientMatch®, Virtual Intranet Access™, ClearPass Access Management Systems™, Aruba Instant™, ArubaOS™, xSec™, ServiceEdge™, Aruba ClearPass Access Management System™, Airmesh™, AirWave™, Aruba Central™, ARUBA@WORK™を含むAruba Networksの商標はすべて登録済です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者の財産権です。












本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本ヒューレット・パッカード株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]