編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

マイナビ、「転職活動における行動特性調査(2020年)」を発表

株式会社マイナビ

From: Digital PR Platform

2020-08-20 11:44


転職活動のキーワードは“副業・兼業”。 コロナ禍で柔軟に働ける環境を望む傾向に

(リンク »)


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、正社員の20代~50代男女のうち、直近1年間(2019年6月以降)に転職活動をした1,600名※を対象とした「転職活動における行動特性調査(2020年)」を発表しました。調査結果の概要(一部抜粋)は以下の通りです。
※すでに新しい職場に転職した人(転職者)800名、まだ転職活動を終えていない人(転職活動者)800名


《TOPICS》


まだ転職活動を終えていない転職活動者が転職活動を始めた理由として「副業や兼業を行える環境が欲しかった」と答えた割合が、すでに転職した人の約3倍。【図1】



「副業可能」と記載のある求人に6割以上が応募意欲を上げている。20代、30代では「在宅勤務可能」も上位に。【図2、3】



企業ホームページから応募経験のある求職者の5人に3人は動画を視聴【図4、5】



【調査概要】
直近1年間(2019年6月以降)に転職活動を開始し、すでに新しい職場に転職した(転職者)800名と、まだ転職活動を終えていない(転職活動者)800名それぞれに、転職活動を始めた理由を聞いたところ、「副業や兼業を行える環境が欲しかった」と答えたのは転職者で4.3%に対し、転職活動者は12.4%となり、約3倍となった。転職活動を終えていない転職活動者は、すでに新しい職場に転職した転職者よりもコロナ禍の影響を受けている可能性が高く、副業・兼業への意識が高いことが読み取れる。【図1】

転職サイトで企業の求人情報を見る際に、「副業可能」と記載のある求人の場合、全体の63.3%が「応募意欲が上がる」と回答した。特に転職活動者においては、すべての年代(20代~50代)で6割以上が「応募意欲が上がる」と回答しており、副業への関心の高さが伺える。また、「在宅勤務可能」に対して「応募意欲が上がる」と回答した割合は、20代で67.2%、30代で60.5%に上り、コロナ禍において柔軟に働ける環境を望む傾向が見られた。【図2、3】

「転職サイト内に動画がある方が応募しやすい」と答えた人は69.2%、「企業ホームページ内での動画を視聴したことがある」人は58.4%となり、転職活動において動画の視聴が徐々に浸透している様子が伺える。文章だけでは伝えることが難しい職場の雰囲気や環境を伝えるには効果的な動画だが、求職者側のデバイス環境により通信制限があるなど長時間の動画は敬遠されるため、視聴者に配慮して動画を配信することが必要である。【図4、5】


<本調査結果を受けての考察>


(リンク »)

『マイナビ転職』編集長 荻田 泰夫

今回の調査結果から転職活動におけるキーワードとして注目したいのは、「副業・兼業」です。現在も転職活動を継続している転職活動者は、コロナ禍に転職活動を始めた方も多いと想定されます。今後の経済の見通しが立ちづらい状況のなか、在籍企業の経営状況を鑑み、複数の収入源を得ることでリスクを分散したいと考え、「副業・兼業」が可能な転職先を探しているのではないでしょうか。

応募意欲が上がる言葉の上位には、「副業」や「在宅勤務」が並んでおり、『マイナビ転職』で毎月調査をしている検索キーワードランキングでも、「在宅勤務」は57位(2020年2月)から14位(2020年7月)にランキングが急上昇しており、今回の調査結果と照らし合わせても、コロナ禍において柔軟に働ける環境を望む傾向が見られました。
また近年、転職活動において動画の有効性が高まっています。

転職サイトや企業ホームページ内の動画視聴は浸透してきていますが、ポイントは動画の構成です。動画の冒頭で視聴者を惹きつけつつ、企業が伝えたい内容を盛り込むことが重要です。



【図1】転職活動理由(n=1,600)
(リンク »)

※全体上位20項目



【図2】転職サイトに掲載の「副業可能」という言葉の印象(n=1,414)
(リンク »)



【図3】転職サイト掲載の福利厚生等に関する言葉への印象(n=1,414)
(リンク »)



【図4】転職サイト内動画の有無による応募のしやすさ(n=1,414)
(リンク »)



【図5】企業ホームページ内の動画を視聴した経験はあるか(n=344)

(リンク »)



【調査概要】『転職活動における行動特性調査(2020年)』
調査期間:2020年6月12日(金)~2020年6月17日(水)
調査方法:インターネット調査
調査対象:正社員として働いている20代~50代の男女のうち、直近1年間(2019年6月以降)に転職活動をされた方 ※調査時点
有効回答数:1,600名(転職者800名、転職活動者800名)


※調査結果の詳細は会社HPのニュースリリース( (リンク ») )からご確認いただけます


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 HRリサーチ部
Tel:03-6267-4571 Fax:03-6267-4145
Email:myrm@mynavi.jp

【当社に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 広報部
Tel:03-6267-4155 Fax:03-6267-4050
Email:koho@mynavi.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社マイナビの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]