編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

モルフォ、台湾に現地法人設立・営業開始

株式会社モルフォ

From: PR TIMES

2020-08-27 10:46

株式会社モルフォは、台湾でのスマートフォンおよび映像監視やインダストリアルIoT分野における事業基盤の強化を目的として、100%出資の現地法人「Morpho Taiwan, Inc.」を設立しました。

株式会社モルフォ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀 督基、以下 モルフォ)は、台湾でのスマートフォンおよび映像監視やインダストリアルIoT分野における事業基盤の強化を目的として、100%出資の現地法人「Morpho Taiwan, Inc.」を設立しました。

モルフォグループの主要事業であるスマートフォン向けビジネスは、日本、米国、欧州、中国、韓国に加え、台湾においても事業を拡大してきました。これまでは、顧客やパートナー企業への販売活動や技術サポートは日本国内および近隣国の現地法人から行っておりましたが、多様化・高度化する現地の市場ニーズにスピーディに対応し、スマートフォン関連顧客とより一層の関係強化を行うことを目的に、現地法人を設立することとしました。

世界最先端の半導体製造技術やIT分野で世界をリードする地域に成長した台湾にて、半導体や電子部品の現地企業との連携を加速するとともに、スマートシティやインダストリアルIoT分野においても、人影検出や映像解析等モルフォの持つAI、画像処理の技術を提供すべく営業活動を開始しました。

今後もアジア市場での新たなビジネス機会創出へ向けて積極的に取り組んでいきます。

【Morpho Taiwan, Inc.について】

商号:Morpho Taiwan, Inc.
所在地:10F., No.150, Sec. 2, Nanjing E. Rd., Zhongshan Dist., Taipei City 104, Taiwan (R.O.C.)
代表者:代表取締役社長 漆山 正幸
設立:2020年6月1日
資本金:14,000,000NTD
事業内容:モルフォの画像処理およびAIソフトウェアの販売活動、技術支援、マーケティング活動等


【株式会社モルフォについて】
モルフォは「画像処理/AI(人工知能)」の研究開発主導型企業です。高度な画像処理技術を組み込みソフトウェアとして、国内外のスマートフォン、半導体メーカを中心にグローバルに展開しています。また、カメラで捉えた画像情報をエッジデバイスやクラウドで解析する、AIを駆使した画像認識技術を車載や産業IoT分野へ提供し、様々なイノベーションを先進のイメージング・テクノロジーで実現しています。

所在地:東京都千代田区西神田3丁目8番1号 千代田ファーストビル東館12階
代表者:代表取締役社長 平賀 督基(まさき)、【博士(理学)】
設立:2004年5月26日
資本金:1,774,154千円(2020年2月29日現在)
事業内容:画像処理およびAI(人工知能)技術の研究・製品開発。スマートフォン・半導体・車載・産業IoT向けソフトウェア事業をグローバルに展開。
ホームページ: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

【お問合せ先】
株式会社モルフォ 広報担当 宮崎、大野
TEL:080-8433-3415
お問い合わせフォーム: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]