編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

Dr.Web Enterprise Security Suite 12.0に含まれるコンポーネントをアップデート

株式会社Doctor Web Pacific

2020-09-09 09:00

Doctor Webは、Dr.Web Enterprise Security Suite 12.0のAgentに含まれる、 コンフィギュレーションスクリプトをアップデートしました。
###

Doctor Webは、Dr.Web Enterprise Security Suite 12.0のAgentに含まれる SpIDer Agent for Windows (12.10.0.06140)、 Dr.Web Control Service (12.10.0.05221)、 Dr.Web ES Service (12.10.0.07240)、 Dr.Web Scanner SE (12.10.0.06260)、 Dr.Web Scanning Engine (12.5.4.202006100)、 Dr.Web Firewall for Windows (12.05.02.04160)、 コンフィギュレーションスクリプト Lua-script for traffic-hook (12.5.6.04160)、 Dr.Web Enterprise Agent for Windows setup (12.5.8.08250)、 Dr.Web Shell Extension (12.10.0.06040)、 Dr.Web Net Filtering Service (12.5.5.07143)、 Dr.Web Protection for Windows (12.05.06.06150) および Dr.Web File System Monitor (12.05.03.08030) をアップデートしました。今回のアップデートでは発見されたエラーが修正されたほか、内部変更が加えられました。

SpIDer Agent for Windowsへの変更

コンポーネントを更新する際に、Agentの異常終了が発生する問題が解決されました。
Firewallの設定項目を変更する際に発生したアンチウイルスの動作に関する問題が解決されました。
高解像度ディスプレイおよびWindowsのハイコントラストテーマが使用されている場合における、コンテンツ表示が改善されました。
Dr.Web Control Serviceへの変更

マスクを用いてホワイトリストにデバイスを追加する際に発生する問題が解決されました。
Firewallのパケットフィルターにおいて、設定をデフォルトに戻す場合、ICMPv6の許可ルールが有効になります。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]