編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「せっかくのテレワーク、押印のための出社はやめたい。」

鈴与シンワート株式会社

2020-10-13 08:00

菱沼佑香氏の新連載が公開されました。興味がある方は、ご覧ください。
--
さてここ数日ニュースを賑わせている話題の一つに、河野行政改革担当大臣が印鑑の使用廃止を要求したというものがあります。

これによってすべての府省庁が行政手続き上で押印が本当に必要なのかを検討することになり、可能な限り廃止されていく流れができてきました。これが実現した後は書面の提出をしなくてもいいようにしていきたいということも話されているようです。

今回はこの話題の押印について考えてみたいと思います。

■本当に必要なものだけ押印の時代に

役所に何かしらの手続きに行ったとき、うっかり印鑑を忘れて取りに戻るなんて言うことは何度かありました。その度に、シャチハタでいいなら拇印でOKにしてくれないものか…と何度も考えました。そもそも印鑑って印影があれば複製できてしまうし、シャチハタは大量生産品ですし。それにいつ押印したものかもわかんないしと、八つ当たりのように考えていました。

とはいえ、印鑑が必要ならば致し方なしと粛々と対応するわけですが、このコロナ禍で浸透したテレワークによって、誰もが目を背けることができなくなってきました。
(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]