編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

SCSK ゆうのコラム「個別設定がされたWLX212の機器交換方法」

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部

2020-10-19 09:00

SCSK株式会社ネットワークプロダクト部は「SCSK ゆうのコラム「個別設定がされたWLX212の機器交換方法」」を公開しました。
###

ごあいさつ
みなさんこんにちは。SCSK のゆうです。

本日は、多くの方からご質問を頂いている「個別設定がされたWLX212の機器の交換方法」をご紹介します。WLX212は実環境で動作している機器を新しい機器に交換する場合、SSID などは自動で同期されます。しかし機器ごとに個別に設定された内容は自動で移行されません。

今回はそんな個別設定を新しい機器に移行させる方法をご紹介します。

そもそもクラススター管理機能とは
クラスター管理機能とはWLX212ではじめて採用された管理機能です。同一ネットワークに接続されたWLX212はクラスターというグループにまとめられ、SSIDが共有されます。またすでにクラスターが構成されているネットワークに新しくWLX212を追加した場合、自動でSSIDが同期されます。クラスター内のAPが自動でコントローラになるため、別途コントローラー機器を購入する必要はありません。コントローラとして動作している場合も、引き続きAPとしてSSIDを吹くことが可能です。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]