編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

日本初上陸!厚さ7mm・重さ130gで2台同時ワイヤレス充電。 『ツイン・チャージャー』をクラウドファンディング「CAMPFIRE」にてキャンペーン開始!

株式会社アートサイト

From: valuepress

2020-11-04 12:00

株式会社アートサイト(本社:東京都)は、日本初上陸となる『ツイン・チャージャー』の特別価格キャンペーンを、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて11月4日(水)からスタートいたしました。CAMPFIREでのキャンペーンは11月27日(金)までとなります。

<『ツイン・チャージャー』プロジェクトページ>
(リンク »)



<2台のデバイスを同時接続>
『ツイン・チャージャー』は20Wのハイパワー出力で、スマートフォンやイヤフォンなど2台のデバイスを同時に急速充電。ワイヤレスなので毎回デバイスにケーブルを差す手間がかかりません。


[資料: (リンク ») ]
<厚さ7mm、130gの軽量>
最新のiPhone SEとほぼ同じ7mmの厚さ。さらに130gの軽量コンパクトなので、どこにでもラクラク持ち運びができます。


[資料: (リンク ») ]
<スタイリッシュなデザイン>
透明強化ガラスでインテリジェントチップが見える、シースルーのデザイン。
ワイヤレスなのでスマホにケーブルを接続する手間がなく、デバイスを置くだけでクイックレスポンス。瞬時に充電がスタートします。


[資料: (リンク ») ]
<航空機用グレードの合金素材>
本体は航空機用グレードのアルミニウム合金を使用し、安定的に素早く放熱しますのでボディが熱くなりません。充電スピードが落ちることなく常に高速チャージができます。


[資料: (リンク ») ]
<Type-Cインターフェース>
USBポートは、次世代規格「USB 3.1」対応のType-C。充電の早さはもちろん、上下を気にせずどちらの向きでも簡単に挿し込むことができるのでストレスがありません。


[資料: (リンク ») ]
<優れた互換性>
10W、7.5W、5W、2.5Wのあらゆる出力パワーとの優れた互換性があり、それぞれのデバイスの要求に合わせた最適な作動をします。


[資料: (リンク ») ]
<インテリジェントライト>
不要な電力消費を回避するために、充電に対応しないデバイスや金属異物の識別を行います。異物が識別されるとインジケータライトが頻繁に点滅してお知らせします。


[資料: (リンク ») ]
<過充電を防ぐ自動スリープ機能>
デバイスが完全に充電されると自動的にスリープ状態になります。これにより、過充電やバッテリーへのダメージを防ぎます。
さらに過熱保護、機器マッチング保護、過電流保護、電磁場保護、過電圧保護、異物保護などあらゆる安全設計が施されていますので、安心してお使いいただけます。


[資料: (リンク ») ]
■商品情報
商品名     : ツイン・チャージャー
素材      : アルミニウム合金+強化ガラス+ PC
カラー     : ブラック
インターフェース: Type-C入力
入力電流    : DC 9v/2A最大
互換性     : Qi準拠のワイヤレス充電デバイスをサポート
製品サイズ   : 160.0mm×80.0mm×7.3mm
製品重量    : 130g

■クラウドファンディング概要
プロジェクト名: 厚さ7mm・130gの軽量で、2台同時にワイヤレス充電!
         【ツイン・チャージャー】
実施期間   : 2020年11月4日(水)~11月27日(金)
URL      : (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]