編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

調査からパンデミックによるセキュリティストレスが明らかに

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2020-11-24 09:00

バラクーダネットジャパンはコラム「調査からパンデミックによるセキュリティストレスが明らかに」を公開しました。
###
2020年11月2日、Mike Vizard

コロナウィルス(COVID-19)パンデミックの結果、複数のセキュリティプラットフォームで転送されるアラートの件数が引き続き増加しているため、人員不足のセキュリティ部門が経験する疲労は大幅に増加しています。

在宅勤務する従業員が増加しているため、当然、調査が必要なセキュリティインシデントの件数は増加しています。しかし、調査会社であるCyberEdge Groupが企業の600人のITセキュリティプロフェッショナルを対象に実施したグローバル調査によると、回答した企業の73%では、パートナーとサプライヤの間の第三者リスクが増加しています。4分の3以上(77%)が第三者リスクの管理を自動化するテクノロジを求めており、43%がこの分野への投資を増額しています。

(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]