編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

データレスキューセンター、RAID1 HDD(4TB x 2台)のデータ復旧をご依頼いただいたKSB瀬戸内海放送様によるお客様の声を公開

株式会社アラジン

2021-01-13 08:00

データ復旧で日本トップクラスのシェアを誇るデータレスキューセンターは、RAID1 HDD(4TB x 2台)のデータ復旧をご依頼いただいたKSB瀬戸内海放送様によるお客様の声を公開いたしました。
データ復旧サービスで日本トップクラスのシェアと実績を誇るデータレスキューセンターを運営する株式会社アラジン(本社:福岡県福岡市 / 代表取締役:長濱 慶直)は、岡山、香川をサービスエリアとする民間テレビ局(テレビ朝日系列)である KSB瀬戸内海放送 報道クリエイティブユニット様より、RAID1 HDD(4TB x 2台)のデータ復旧をご依頼いただきました。HDDに論理的な障害が発生していましたが、RAIDの再構築等の修復処置を施す事で11,637ファイル(約1.66TB)のデータ復旧に成功いたしました。

■KSB瀬戸内海放送様によるお客様の声(一部抜粋)
「取材していた動画データを編集しているときにHDDがクラッシュして立ち上がらない状態になってしまいました。RAID構成HDDの中にはすごく長い期間をかけて取材をしてきた映像データを含め、多くのデータが入っていたのですが、それがすべて取り出せない状況になってしまいました。対応をどうしようかと社内で確認したところ、機器を管理する部署の方から以前も同じようなトラブルが発生した際、データレスキューセンターさんにお世話になったということを紹介されました。

以前対応した社員から、データレスキューセンターさんにお世話になった時はすごくスムーズな対応、且つ良心的な対応だったという話を聞いたので、すぐにお願いすることを決めました。
依頼後に改めてしっかりとホームページも拝見させていただきましたが、見積までのステップも直感的で分かりやすかったです。また、データレスキューセンターさんはプライバシーマークやISO等の取得もされていて、信頼できる業者だな、と確認することが出来たので、安心感を持って初期調査の結果を待つことが出来ました。

ホームページ記載の通り、到着してから48時間で復旧可能というお返事をいただき、率直な気持ちとして「助かった」と思いました。調査結果の報告メールに添付していただいたデータ復旧可能なリストやフォルダリストにはこちらで作成したデータの名前がすべて記載されていたため、希望データが出ているかなど、状況を確認する上で非常に助かりました。今回はすべてのデータを復旧していただきましたが、状況によってはすぐすぐに欲しい、あるいは絶対に必要というデータと、使用する見込みのないデータとある場合が考えられます。復旧作業を依頼する前に、データ復旧可能なリストを確認した上で、必要データを抽出することが出来るのはありがたいサービスだなと思いました。

通常のデータ復旧業者さんであれば、夜や週末に相談のメールや電話をしても営業時間が終了しているため、結局は翌日や翌週以降の対応にまわってしまうと思いますが、データレスキューセンターさんは土曜日曜、祝日も休まず営業されているだけでなく、夜の時間帯も電話やメールでのコンタクトが可能です。今回、やり取りに関する時間のロスがなく対応していただけて、非常に助かりました。年明けより本格的に社内のデータ管理体制はより強化されていきますが、どうしても撮影をして社内に持ち帰るまでのトラブルなどは対策しきれないところもあるかと思います。そういった有事の際にはデータレスキューセンターさんにご相談したいと思います。」

■KSB瀬戸内海放送様によるお客様の声(全文)
(リンク »)

■データレスキューセンター お客様の声一覧
(リンク »)

■プレスリリース
(リンク »)

RAID構成サーバーやTeraStation(テラステーション)、LinkStation(リンクステーション)等のRAID構成HDDの故障、トラブル、アクセス・接続できないエラー(em モード、デグレードモード)等でお困りの際は、データレスキューセンターのデータ復旧サービスをご利用ください。

今後もデータレスキューセンターは、PC(パソコン)、RAID構成HDD、外付けHDD(ハードディスク)、SSD、SDカード、USBメモリ等からのデータ復旧、復元技術の向上とスピード化に取り組んでまいります。

○RAIDのデータ復旧事例
(リンク »)
・RAIDについて
(リンク »)

○テラステーション/TeraStationのデータ復旧事例
(リンク »)
○リンクステーション/LinkStationのデータ復旧事例
(リンク »)
・NASについて
(リンク »)

○HDDのデータ復旧事例
(リンク »)
・HDDについて
(リンク »)
・パソコン(PC)について
(リンク »)

○SSDのデータ復旧事例
(リンク »)
・SSDについて
(リンク »)

○SDカードのデータ復元事例
(リンク »)
・SDカードについて
(リンク »)

○USBのデータ復旧事例
(リンク »)
・USBメモリについて
(リンク »)

○いまさら聞けないパソコン基礎知識
(リンク »)

■会社概要
会社名:株式会社アラジン
データ復旧サービス名称:データレスキューセンター
本社:福岡県福岡市中央区薬院1-5-6 ハイヒルズビル3階
登録商標:データレスキューセンター / データレスキュー / データレスキューサービス / データグリーン 等
代表取締役:長濱 慶直
資本金:9,000万円
設立:2002年5月31日
認証:プライバシーマーク、ISO27001(ISMS)
加盟団体:
・一般社団法人 日本データ復旧協会(常任理事)
(リンク »)
・一般社団法人 文字起こし活用推進協議会(正会員)
(リンク »)

■データ復旧およびデータ復旧関連事業
データ復旧サービス【データレスキューセンター公式】
(リンク »)
データレスキューセンター公式ツイッター
(リンク »)
遺影写真の加工・修正サービス
(リンク »)

■文字起こし・テープ起こし事業
文字起こし・テープ起こし【データグリーン公式】
(リンク »)
文字起こし・テープ起こしの料金
(リンク »)
文字起こしの種類
(リンク »)
文字起こしとは・書き起こしについて
(リンク »)
Web会議・オンライン会議の録音・録画
(リンク »)

【本リリースに関するお問い合わせ先】
データレスキューセンター
中村 有里
TEL:092-720-6633

このプレスリリースの付帯情報

KSB瀬戸内海放送様によるお客様の声

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アラジンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]