編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

バラクーダの調査により、攻撃者が被害者を騙す戦術の進化が判明

〜攻撃者がスピアフィッシング攻撃を仕掛け、侵害されたメールアカウントを悪用する最新の手口について レポートで発表〜

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2021-01-21 12:30

調査レポート「スピアフィッシング: 主要な攻撃と攻撃トレンド Vol. 5 - 進化する攻撃を防止するベストプラクティス」(日本語版)を発表しました。新型コロナウイルス関連の #スピアフィッシング攻撃 の傾向や、スピアフィッシング攻撃内のURLの悪用等についてまとめています。
# # #


クラウド対応セキュリティソリューションのリーディングプロバイダーであるBarracuda Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州キャンベル)の日本法人、バラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:大越大造、以下「バラクーダネットワークス」)は、本日、サイバー犯罪者が時事的な事象や新たな戦術に迅速に適応している状況についての重要な調査結果を含むレポートを発表しました。「スピアフィッシング: 主要な攻撃と攻撃トレンド Vol. 5 – 進化する攻撃を防止するベストプラクティス」と題した本レポートにおいては、サイバー犯罪者が使用する最新の手口や、ビジネスを守るために講じることができる手順など、進化する高度な標的型攻撃についての詳細が明らかになっています。


この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]