編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

エフセキュア、車載/IoT/ICS分野におけるセキュリティ診断で加賀FEIとパートナーシップを締結

~ 増加する車載/IoTデバイスのサイバー攻撃へのセキュリティリスクを設計段階から対応 ~

エフセキュア株式会社

2021-01-28 10:00

エフセキュアは、加賀FEIとの間で日本国内での車載機器/IoTデバイス/ICS分野におけるセキュリティコンサルティングにおけるパートナーシップ基本契約の締結を行ったことを発表しました。
先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダーであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Juhani Hintikka、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、加賀FEI株式会社 (本社: 神奈川県横浜市、代表取締役社長: 荻原淳二、以下、加賀FEI) との間で日本国内での車載機器/IoTデバイス/ICS分野におけるセキュリティコンサルティングにおけるパートナーシップ基本契約の締結を行ったことを発表しました。

●背景

近年、多くの自動車車両がWi-Fi、Bluetoothなどを経由して車両外との通信を行う、コネクテッドカー化が進んでおり、車両はもはや複雑なソフトウェア/ハードウェアの集合体となっています。通信可能デバイスの増加とともに外部からのアタックサーフェス (攻撃可能領域) も広がってきており、2015年のジープ・チェロキーのハッキング実験などからも、車両の乗っ取りや誤作動を引き起こす攻撃も今後更に巧妙化することが想定され、車両/車載機器メーカーはデバイスの一層のセキュリティ対策を迫られることとなります。
また、一般家庭/産業において導入されるIoTデバイスの数は2015年から2020年までの5年間でほぼ倍増しています。エフセキュアが2020年に行ったリサーチでは、日本の家庭においてもスマートテレビ (31%)、スマートスピーカー (21%)、ゲーム機 (45%)をはじめとするホームデバイスの普及が進んでおり、様々なルートでの個人情報の漏えいへの懸念が高まってきています。

●パートナーシップについて

エフセキュアはそのサービスポートフォリオの一部としてセキュリティコンサルティング部門を持ち、ヨーロッパ/日本をはじめとする多くの自動車メーカー/ティア1サプライヤー、航空機メーカー/航空会社、船舶会社、各種IoTデバイスメーカーといった世界中の顧客企業に対して、製品/サービスの市場展開前にソフトウェア/ハードウェアの両面から脆弱性に関する診断/コンサルティングを行っています。

加賀FEI (2020年12月に富士通エレクトロニクスから社名変更) は半導体商社としてのビジネスを中心に日本の自動車/製造業に幅広い顧客を持ち、今回のエフセキュアとの協業をベースに、日本国内でセキュリティコンサルティングの提供を行っていくこととなります。

●コメント

今回のパートナーシップ締結について、エフセキュアのアジアパシフィック地域担当バイスプレジデントのKeith Martin (キース・マーティン) は以下のように語っています。
「セキュリティの担保は各種デバイスメーカー/サービスプロバイダにとっては、不可欠なものです。弊社ではこれまで日本を含む全世界で、多くの顧客企業のソフトウェア/ハードウェアの脆弱性の発見、そして解決策の提供に携わってきました。自動車メーカーをはじめとして多くの世界的な製造業企業を持つ日本において更なるサービス拡張を行う上で、国内で多くの顧客を持つ加賀FEIは理想的なパートナーシップであり、協業を推進できることを嬉しく思います。」

また、加賀FEIの代表取締役社長である荻原淳二氏は両社の協業について次のようにコメントしています。
「弊社はこれまでLSI・電子部品を中心とした販売活動を長年行ってきており、車載分野をはじめとする製造業のお客様と強いリレーションがございます。数年前より、お客様からセキュリティ課題に対する相談を受けるケースが増えてきており、これまで案件単位で先行してエフセキュアのコンサルティングサービスのビジネスを提供していましたが、今般、正式なパートナーシップ契約を締結し、これまで以上にお客様の課題解決へ貢献できることを大変嬉しく思います。」



エフセキュア プレスリリースページ:
(リンク »)
エフセキュア コンサルティングページ (英語):
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

エフセキュアについて

エフセキュアほど現実世界のサイバー脅威についての知見を持つ企業は市場に存在しません。数百名にのぼる業界で最も優れたセキュリティコンサルタント、何百万台ものデバイスに搭載された数多くの受賞歴を誇るソフトウェア、進化し続ける革新的なセキュリティ対策に関するAIテクノロジー、そして「検知と対応」。これらの橋渡しをするのがエフセキュアです。当社は、大手銀行機関、航空会社、そして世界中の多くのエンタープライズから、「世界で最も強力な脅威に打ち勝つ」という私たちのコミットメントに対する信頼を勝ち取っています。グローバルなトップクラスのチャネルパートナー、200社以上のサービスプロバイダーにより構成されるネットワークと共にエンタープライズクラスのサイバーセキュリティを提供すること、それがエフセキュアの使命です。
エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細は (リンク ») (英語) および (リンク ») (日本語) をご覧ください。また、Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]