編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Domo、最新レポートでロックダウンによる経済への影響を明らかに

ドーモ株式会社

2021-01-28 13:00

Domoは、2020年にパンデミックが食料品店以外の米国小売業者に与えた影響について、最新レポートの分析結果を発表しました。この分析には、企業が速やかにデータの価値を引き出し、デジタルトランスフォーメーションを推進する上で役立つDomoのモダンBIプラットフォームを利用しました。 米国では、BOPIS(オンラインで購入した商品を店頭で受け取れるサービス)を導入している小売業者がホリデーシーズンの勝ち組に、デジタル化が進んでいない小規模小売業者は、客足が大幅に落ち、回復が進まずに損失が拡大
(米国報道発表資料抄訳)
2021年1月14日、ユタ州シリコンスロープス - Domo(Nasdaq:DOMO)は本日、2020年にパンデミックが食料品店以外の小売業者に与えた影響について、最新レポートの分析結果を発表しました。この分析には、企業が速やかにデータの価値を引き出し、デジタルトランスフォーメーションを推進する上で役立つDomoのモダンBIプラットフォームを利用しました。米国内に21万以上の店舗を持つ小売業者850社(食料品店以外)のSafeGraph GPS移動データから客足を分析し、Oxford COVID-19 Government Response Tracker(OxCGRT)のデータを組み合わせました。

Domoのチーフストラテジーオフィサー、John Mellorは次のようにコメントしています。「食料品店を除く小売店への一日平均来店者数は通年で14.1%、ホリデーシーズン中は22.5%も減少しています。客足が落ちる中で、さまざまな小売分野の勝ち組と負け組が明らかになりました。当社の最新レポートでは、今回の難局を乗り越えた小売業者と、依然として立て直しを図っている小売業者との主な差別化要因を概説しています」

2020年の小売動向に関するレポートの主な内容:
• 未知のウィルスに対する恐怖: 2020年の1月と2月の来店者数はそれぞれ前年比30.8%増、14.8%増とスタートダッシュの勢いを見せましたが、 3月から4月にかけて客足が急激に落ちました。3月22日の週になると、Covid-19の感染拡大に伴う厳しいロックダウンが実施された州で42.3%も減少しました。制限がそれほど厳しくない州でも25.9%減少しているため、制限より恐怖が早い段階から大きな影響を与えていた可能性があります。

• BOPISが重要に:今回の分析によれば、BOPIS(オンラインで購入した商品を店頭で受け取れるサービス)を導入していない小売業者で来店者数が23.3%減少したのに対し、BOPISを導入している小売業者では年間1.2%の減少にとどまり、より多くの客足を確保できていました。

• 4月は小規模小売業者の約4分の3で客足が激減:2020年で客足が最も落ちたのは4月17日でした。この日は、小規模小売業者の来店者数がなんと83.2%も減少し、夏の間は51.3%減までしか回復しませんでした。ホリデーシーズン中、小規模小売業者は来店者数が53%減少して打撃を受けましたが、大規模小売業者では11.7%減にとどまりました。

• DIYプロジェクトにとっては好機: ホリデーシーズン中を含め、年間を通して客足が最も伸びたのは「ホーム&ガーデン」部門で、2020年は2019年より7.7%増加しました。

• ショッピングモール内小売店へのさらなる打撃: ショッピングモール内に出店する小売業者では来店者数が38.8%も減少したのに対し、モール外で営業する小売業者では9.4%減に留まっています。

John Mellorはさらにこうコメントしています。「2020年以降も、ロックダウンの影響によって不安定な経済状態が続く見通しです。データが示しているように、小売業者が2020年を乗り切る上でデジタルイノベーションが切り札となったことは明らかです。すばやく適応できる小売業者が未来を担うでしょう。こうした適応やイノベーションを加速させるのは、データの価値を速やかに引き出し、デジタルトランスフォーメーションの推進をサポートするDomoのモダンBIのようなテクノロジーです」

最新版レポート「2020 Lockdown Economics Report(英語)」をご希望の場合は、下記メールアドレスまでお問い合わせください。
info-jp@domo.com

COVID-19/小売データの分析手法
今回の分析では、匿名の携帯電話データを利用したSafeGraph (リンク ») のデータを採用。15のカテゴリーで、全米各地にある850の小売業者を選出しました。対象期間は2020年1月からスタートして毎週更新し、現在は7,450万行のデータが蓄積されています。各州で実施された制限の強度については、Oxford Coronavirus Government Response Trackerのデータをベースに、日単位で計算し、週単位で平均値を取りました。指数が60を超える州は「強」、50~60の州は「中」、50未満の州は「弱」としています。

Domoについて
Domoは企業向けクラウドサービスです。クラウド型BI(ビジネスインテリジェンス)を駆使し、事業規模を問わず、あらゆる企業の価値を最短で向上させます。Domoは、数週間、数か月以上要していたBIに必要なプロセスを、瞬時に完成させます。Domoはお客様のビジネスが速く、大きく、そして確実に成長するソリューションです。

ウェブサイト: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
# # #
DomoはDomo, Inc.の登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

Domo Lockdown Economics Report

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ドーモ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]