編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

NRIセキュア、サイバー・セキュリティ・コンサルティングの7つの分野でシェアNo.1を獲得

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2021-01-29 11:00

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、株式会社アイ・ティ・アール[i](以下「ITR」)が調査した、国内サイバー・セキュリティ・コンサルテング・サービス市場[ii]の7つの分野で、2019年度のベンダー別売上金額においてシェアNo.1を獲得しました。
ITRは、サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービスを、企業のガバナンス対策を支援する15種のサービス分野[iii]に分類してます。これらのうち、NRIセキュアが2019年度のベンダー別売上金額で、シェアNo.1を獲得した分野は以下のとおりです。

セキュリティコンサルティング・プランニングサービス市場 1位
標的型攻撃メール訓練サービス市場 1位
セキュリティ脆弱性診断サービス市場 1位
セキュリティ監査サービス市場 1位
セキュリティ情報配信サービス市場 1位
SOC/CSIRT構築運用支援サービス市場 1位
OTセキュリティ診断・構築運用支援サービス市場 1位

NRIセキュアは今後も、企業・組織の情報セキュリティ対策を支援するさまざまなサービス・製品を提供し、グローバルな規模で、安全で安心な情報システム環境と社会の実現に貢献していきます。

ニュースに関するお問い合わせ
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 広報担当
E-mail:info@nri-secure.co.jp

用語解説

[i] 株式会社アイ・ティ・アール:
独立系のITコンサルティング・調査会社です。詳細は次のURLをご覧ください。 (リンク »)

[ii] 国内サイバー・セキュリティ・コンサルテング・サービス市場:
出典:ITR「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2020」2020年12月発行

[iii] 企業のガバナンス対策を支援する15種のサービス分野:
ITRの定義による「サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス」は、次の15種のサービス分野で構成されています:セキュリティコンサルティング・プランニングサービス、標的型攻撃メール訓練サービス、セキュリティ教育サービス、セキュリティ脆弱性診断サービス、パブリッククラウド向け診断/CSPM(Cloud Security Posture Management)、PC端末セキュリティ診断サービス、セキュリティ監査サービス、セキュリティ情報配信サービス、スレットインテリジェンスサービス、緊急時駆け付け対応サービス、インシデントレスポンスサービス、BCP対策構築運用支援サービス、クラウドセキュリティ構築運用支援サービス、SOC/CSIRT構築運用支援サービス、OTセキュリティ診断・構築運用支援サービス

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]