編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

2021年3月、SAS初のハッカソンイベント開催決定

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2021-02-08 11:00


クリエイティブで競争力のある環境に多様な人々が集まる時、そこにイノベーションが生まれます。こうした発想をもとに、アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は新たなグローバル・ハッカソンシリーズを展開します。このハッカソンは高度なアナリティクスを始めとするテクノロジーを利用して大きな問題を解決することに主眼を置いています。

SASは、より多くの人々が強力なアナリティクスを日常的に活用できるように継続的に支援を続けてきました。これは、人々がデータからインサイトをより容易に獲得することで、進歩をもたらす大胆な新しい発見を促すものです。今回のハッカソンはこうした使命を後押します。

#HackinSASの第1弾は今年3月に開催されます。参加希望の個人/チームはこちらから申し込みください。申込期限は2月14日(日)です。
(リンク »)

SASの事業開発担当シニア・バイスプレジデントであるトム・フィッシャー(Tom Fisher)は次のように述べています。「SASはグローバル・ハッカソンを通じて、テクノロジーがこれまでとは異なる革新的な方法で利用されるよう、クリエイティブな人たちを支援します。ハッカソンに参加する個人やチームは、最新のアナリティクスやクラウド・ソフトウェアを試しながら重要なビジネス課題や人道上の問題への解決策を見つけようとしています。SASでは好奇心こそが人の進化の要になるものであると考えており、今回のハッカソンはそうした好奇心にあふれています。」

SASグローバル・ハッカソン
ハッカソンはテクノロジー業界ではよく知られた手法です。ハッカソン期間中、参加チームはテクノロジーを利用して、ビジネス課題や人道上の課題解決のための最適なソリューションを見つけるために協力し、競い合います。

SASはこれまで地域内で開催されるハッカソンを支援してきました。新たなグローバル・ハッカソンでは、さまざまな地域やバックグランド、あらゆるスキルレベルの人たちが集まって協力し、SAS®のアナリティクスやAI、クラウド、オープンソーステクノロジーを利用してアプリケーションやソリューションを開発します。ここで目指すのは、誰もがビジネスや社会の最も喫緊の課題の解決に関われるようにすることです。

アプリケーションはパンデミックとの戦いや気候変動のようなグローバルな人道的問題から、銀行の不正対策やオンラインショッピングにおけるカスタマー・エクスペリエンス(顧客経験)の改善などのビジネスを主眼とした課題まで、重要な問題の解決を目的に開発されます。

ハッカソンを通じて、参加者は起業家的アプローチを探り、イノベーター仲間とのネットワーク構築し、SAS Viya®のような最新のテクノロジーを試すことができます。

また期間中、ハッカソンチームは、市場で実用化可能なアプリケーションや製品を製作でき、開発や製品化をSASが支援します。

グローバル・ハッカソンの参加方法
SASハッカソンイベントは、SASの顧客やテクノロジーパートナーのほか、独立した開発者や学生、スタートアップ企業の人たちを含むアナリティクスに興味を持つすべての人にとって、SAS ViyaアナリティクスプラットフォームをMicrosoft Azure上で実行してビジネス課題やグローバルな問題に取り組む絶好の方法です。

ハッカソンチームは組織に所属している人、企業やテクノロジーパートナー、あるいはグループに参加したい個人で構成することができます。

最初のハッカソンについては、2月14日までにチームを登録してください。登録にあたっては、チームが取り組む現実的な課題(ビジネスや社会的・人道的な問題など)の概要説明が必要です。登録確認後、その後の手順についてeメールで指示があります。

ハッカソン自体は3月一杯実施されます。4月の最終ラウンドに参加できるチームが選定され、さらなるアプリケーション開発のためにSASのエキスパートに紹介されます。優勝者は2021年5月に開催されるVirtual SAS Global Forum 2021で発表される予定です。

以下のページから新しいSASグローバル・ハッカソンの登録をお済ませください(英語)。
www.sas.com/sas/events/hack-in-sas/register.html

Hackathon 101
ハッカソンのウェブサイトには、SASが作成した50分間のキックオフ動画を掲載しています。この中には以下が含まれています。

SASのエグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高技術責任者のブライアン・ハリス(Bryan Harris) による、このグローバル・ハッカソンの詳細と、社会を良くするためにアナリティクス、AI、オープンソースをどのように創造的に活用できるのかについての説明
ハッカソンズ・インターナショナルのCEOであるAngela Bee ChanとSASのAI、イノベーションおよびデータサイエンス・マーケティング・マネージャーであるMarinela Profiとのコラボレーションについての対談
HackinSASのプロデューサーであるSASのEinar HalvorsenとPeter Lundqvistから、過去のイベントでのインサイトをもとにした、参加者が優位性を得るために役に立つヒント
SASハッカソンのメンター陣の紹介。世界中から経験豊富なデータサイエンティストが集まってチームを組み、ハッカソンのガイド役を務めます


SASの主要テクノロジーパートナーであるIntelとMicrosoftがSASグローバル・ハッカソンのスポンサーを務めます。また、SASは他にもさまざまな組織と連携してより多様でインクルーシブなイベントにしていく予定です。詳細についてはHacker’s Hubのコミュニティサイトをご覧ください。
(リンク »)

*2021年1月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]