GRANDIT for Salesforceの提供を開始 Web-ERP「GRANDIT」と「Salesforce」の相互連携を実現

インフォコム株式会社

From: Digital PR Platform

2021-03-17 11:00


 インフォコム株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 竹原 教博)の連結子会社であるGRANDIT(東京都渋谷区、代表取締役社長 石倉 努)は、「GRANDIT Ver.3.1」のオプションサービスとして、「GRANDIT for Salesforce」を株式会社セールスフォース ・ドットコムが提供するビジネスアプリのマーケットプレイスAppExchange上で、提供を開始いたします。

 「GRANDIT for Salesforce」により、Salesforce※1とのデータ連携が可能になり、商談から販売、会計までの業務領域を二重入力の手間を無くし、統合的に管理できるようになります。

※1 株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する、営業活動や商談情報等を一元的に管理できる統合CRMプラットフォームで、全世界15万社以上の導入実績がある。

インフォコムグループでは、中期経営計画(2020年4月~2023年3月)において、「価値共創」をスローガンとしています。今後も医療機関や一般企業等の幅広い分野において、自社サービスと各社の優れたサービスとの連携により利便性を高め、お客様のビジネスの成長とDX推進を支援してまいります。

サービスの詳細は以下のURLよりGRANDIT株式会社のプレスリリースを参照下さい。
(リンク »)

<インフォコムグループについて  (リンク ») >
 インフォコムグループは「ICTの新たな活用シーンを次々と創出し、社会とともに成長する」という価値創造ストーリー(経営ビジョン)のもと、医療機関や一般企業向けに情報システムを提供するITサービス事業と、一般消費者向けに電子コミック配信サービス「めちゃコミック」を提供するネットビジネス事業を展開しています。 
[インフォコム株式会社] 代表取締役社長 竹原 教博、1983年設立、東証一部
連結売上高583億円、連結従業員数1,171名(2020年3月期)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]