千葉県野田市、有事の情報共有サービス活用--避難勧告発令で重要性を認識

藤代格 (編集部)

2021-01-13 07:15

 千葉県野田市(職員数1054人)は、災害時に活用する情報共有ツール「BCPortal」、安否確認ツール「エマージェンシーコール」を2020年8月から活用。セキュリティを担保しながら情報共有しているという。1月12日提供するインフォコム(渋谷区)が発表した。

 世帯数約7万、人口約15万の野田市は2019年10月の台風19号で初めて避難勧告を発令。部署間での電話連絡や避難所との無線機連絡は、時間や工数がかかる、つながりにくい、聞こえにくいなど、想定仕切れない課題が多かったという。即座に把握、周知できる安否確認システムが必要と認識したとしている。

 質問項目を自由に作成、入力情報を集計できる拠点情報登録機能を活用。クリックするだけで集計でき、集計業務に人を割く必要がなくなったという。

電話連絡から切り替え、スマートフォンなどからも連絡できる(出展:インフォコム)
電話連絡から切り替え、スマートフォンなどからも連絡できる(出展:インフォコム)

 情報伝達には掲示板と合わせて、SNSのタイムラインを活用。対応状況の返答などもでき、対応漏れがなくなったという。

時系列に表示するクロノロジー形式で表示、共有(出展:インフォコム)
時系列に表示するクロノロジー形式で表示、共有(出展:インフォコム)

 BCPortalとエマージェンシーコールはIDとパスワードを連携できるため、セキュリティを担保した上でBCPortalから直接エマージェンシーコールで安否回答できるとしている。

安否の回答、集計状況を確認できるエマージェンシーコール(出展:インフォコム)
安否の回答、集計状況を確認できるエマージェンシーコール(出展:インフォコム)

 BCPortalの利用料は、掲示板や防災情報表示などができる基本部が税別月額利用料3万円から、別途初期費用が20万円。メールやグループトーク、タイムラインなどはオプションで提供する。

 エマージェンシーコールは100人までの場合、月額4万円から。初期費用は20万円。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]