編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

SAS、米国連邦政府向けのクラウド・セキュリティ認証を取得

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2021-05-10 11:00


アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、より多くの米国連邦政府機関がSAS® Cloudに移行できるよう、FedRAMP 「準備完了ステータス(Ready Status)」を取得しました。FedRAMPとは、米国連邦政府機関が採用するクラウドサービスに対する統一的なセキュリティ評価・認証制度です。FedRAMP(Federal Risk and Authorization Management Program)Project Management Officeは、SAS Cloud for Government PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)ソリューションに関して「準備完了ステータス」を認定しました。

このソリューションはFedRAMPの要件に対応する構成になっており、連邦政府機関の顧客にメリットをもたらします。クラウドにおけるSAS製品の基盤を提供するとともに、SAS製品およびサービスの構築、使用、サポートを可能にします。FedRAMP Readyプロセスの一環として、SAS Cloud PaaS環境は、エビデンス、面談、観察を通じ第三者評価機関による評価を受けました。この評価により、同環境はドキュメンテーション、ネットワーク・アーキテクチャ、構成管理、脆弱性モニタリング・プラクティスに関して強みを発揮することが明らかになりました。

米国共通役務庁によって実施されているFedRAMPは、政府全体にわたるプログラムであり、クラウド製品およびサービスに対するセキュリティ評価、認証、継続的モニタリングの標準化アプローチを提供し、連邦政府の情報が確実に保護されるようにするための制度です。

SASの米国政府担当バイスプレジデントであるグラント・ブルックス(Grant Brooks)は、次のように述べています。「当社は、連邦政府機関のお客様がデータとアナリティクスのイニシアティブを安全で規制に準拠したクラウドに移行する中で、そのデジタル・トランスフォーメーションをより包括的にサポートできるものと期待しています」

SASのアナリティクスとAIが、現代の課題に直面する政府機関をどのように支援しているかについての詳細は、以下をご覧ください。
(リンク »)

*2021年4月29日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]