編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

IBMの味覚センサー技術“HyperTaste”を化学品分析サービスに応用

長瀬産業株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2021-05-18 11:00

23年度の実用化目指し共同研究

2021年5月18日
長瀬産業株式会社

IBMの味覚センサー技術“HyperTaste”を化学品分析サービスに応用 23年度の実用化目指し共同研究

長瀬産業株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:朝倉 研二、以下「長瀬産業」)は、米国IBM社(以下、IBM)との間で、IBMが開発したArtificial Intelligence(AI)を応用した味覚センサー技術“HyperTaste(ハイパーテイスト)”を、主に液体向けの化学品分析サービスとして実用化する共同研究を進めています。23年度中をめどに、グループ会社が取り扱う化学品や食品素材の取引に活用し、グループのサプライチェーンの安心・安全、スピード、安定供給を支えることを目指します。

共同開発では、IBMが主催する異業種による基礎研究コンソーシアムIBM Research Frontiers Instituteが研究テーマの一つとして掲げる“HyperTaste”に、化学品や食品素材の取り扱いに強みを持つNAGASEグループの知見を掛け合わせ、化学品分析サービスとして実用化することを目指します。“HyperTaste”は味覚成分の組み合わせを学習することで味覚をデータ化する学習型AIセンサーで、電気化学ポテンシャル(液体中のイオン分布によるセンシング電極の電圧)の変化から液体中のイオン等の成分を分析する機能を化学品の精度測定に応用します。

一般的に、化学品取引においてはメーカー側にて評価された「分析証明書(Certificate of Analysis, COA)」により品質が保証されていますが、分析データの転記ミスや製品ラベルの貼付ミスなどにより、分析証明書と製品の現物とが乖離しており、輸出入者や顧客側で確認が必要となるケースもあります。現状、このようなケースにおいては分析に専門機器が必要であり、且つ分析に一定の時間(約1日~数日程度)がかかるため、機器の導入コストや設置場所、またリアルタイムの分析が難しいことが課題となっています。

【画像: (リンク ») 】
【HyperTaste外観】

長瀬産業と IBM が共同開発するセンサーはポータブルな手のひらサイズの装置をスマートフォンに連携可能にしたもので、現場でほぼリアルタイムでの測定が可能。 2020 年1月から始まった第1期の共同研究で6つの元素を ppm レベル( 0.0001% )まで測定する技術は実験フェーズで確立しており(※1)、 2022 年1月までの第2期においてさらに多様な化学品を対象に現場での検証を重ね、数種類の元素を ppb レベル( 0.0000001% )まで測定できる精度に向上します。 23 年度をめどにまずはグループ会社で実用化し、将来的にグループ外にサービスとして提供することを目指します。

 
長瀬産業では、幅広い素材に関連するデータの取得や活用に注目した技術の研究開発を進めています。今後もNAGASEグループのリソースを活かし、ビジネスパートナーがまだ気づいていない課題を見つけ、解決につながる価値を提供する新しいビジネスモデルを通じて、「人々が安心・安全で快適に暮らせる温もりある社会の実現」を目指します。  
【画像: (リンク ») 】
【HyperTasteによる液体分析】

(※1)日本化学会秋季事業 第10回CSJ化学フェスタ2020にて発表(“HyperTaste: An AI assisted e- tongue for fast and portable fingerprinting of complex liquids”, Patrick Ruch他)

◆本件に関するお問い合わせ先
長瀬産業株式会社 URL: (リンク »)

<事業に関するお問い合わせ> 
長瀬産業株式会社 NVC室
TEL: 03-3665-3601 
<報道に関するお問い合わせ>
長瀬産業株式会社 コーポレートコミュニケーション本部 広報・ブランディング室 
TEL:03-3665-3640



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]