編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ドラレコのデータから事故状況をAI分析・過失割合を判定するサービスを提供開始 事故解決の迅速化と対応業務のスマート化を実現

セイコーソリューションズ株式会社

2021-05-19 10:30

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、市販のドライブレコーダーの録画データから、AIによる分析で簡易な事故形態の判定と基本過失割合の算出ができる「事故状況推定システム」を開発し、2021年5月19日より自動車保険を取り扱う損害保険会社、共済向けにサービスの提供を開始します。

自動車事故の際の示談交渉においては、長年、客観的情報の不足などで正確な事故状況の把握が難しく、交渉には相当の困難を伴い、事案解決の長期化・難化が課題となっていました。また、事故を起こした方が、自ら状況説明や証明を行うことには精神的な負担が伴います。
近年は、ドライブレコーダーの登場・普及により、事故状況が正確に記録できるようになってきた一方、映像から事故状況を把握するのにはスキルを持った人材と時間が必要となることが、損害保険会社において新たな課題となっています。

そうした背景を受け、弊社では、AIやテレマティクス、DB照会などシステム事業で培ったノウハウを反映した「事故状況推定システム」を開発しました。
「事故状況推定システム」は、ウタゴエ株式会社と共同で開発したAI画像処理技術を用い、ドライブレコーダーの録画データから「交差点形態」「自車・相手車の進行方向」「信号機の有無・色」を識別・抽出し、過去の判決事例をもとに作成したデータベースとパターンマッチングすることで、事故形態と基本過失割合、事故状況図を出力します。これにより、誰でも客観的かつスピーディーに事故状況の判定が可能になります。さらに、事故状況の理解を助ける、3D化した主観・俯瞰視点のシミュレーター映像をダウンロードできます。
AI判定によって抽出された事故状況は手入力での補正も可能となっており、判定が間違っていた場合は修正が可能です。ドライブレコーダー映像がない場合にも、条件を手入力することでデータベースとのマッチングを活用することができます。

また、専用のドライブレコーダーが必要な判定サービスと異なり、本システムは映像情報のみで判定を行えるため、市販のドライブレコーダーに幅広く対応できる点も特長です。保険に加入している多くのお客さまに対し、迅速かつ負担の少ない事故解決を提供することが可能となります。

今後もセイコーソリューションズでは、事故対応業務の一層の簡略化、事案の迅速な解決に向けて、サービスの向上を目指し、安心・快適なクルマ社会作りに貢献していきます。


<事故状況推定システム 概要>
【提供開始日】2021年5月19日

【主な特長】
・ドライブレコーダー映像から事故状況判定要素(交差点形態、車両進行方向、信号機)をAIが判定
・判定された要素から事故状況を推定し、事故状況図とシミュレーション映像、基本割合を表示
・映像情報のみで判定できるため、市販のドライブレコーダーに幅広く対応可能
・事故状況判定要素の手動入力・修正が可能。(ドラレコの映像がない場合も手動条件入力で判定可)
・事故解決の迅速化と対応業務のスマート化(デジタル化)を実現

【対象】自動車保険を取り扱う損害保険会社、共済など

※詳細については下記URLをご参照ください。
(リンク »)

※本文中に記載されている製品名などは各社の登録商標または商標です。

報道関係の方からのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 マーケティングコミュニケーション部
 担当:片山、伊濱   tel:043-273-3147  e-mail:pr-center@seiko-sol.co.jp

お客さまからのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 戦略ビジネス第一本部 IoT統括部
 担当:髙橋   tel:03-5620-6811  e-mail:support@seiko-sol.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

セイコーソリューションズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]