編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

インサイドセールス導入率は約3割!最新の営業組織の働き方の変化とテクノロジー活用が明らかになった、調査資料が本日発売。

翔泳社

From: PR TIMES

2021-05-31 14:16

30以上ものSales Techの最新動向を概観できる一冊

株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)の運営するテクノロジーで営業支援をするウェブマガジンSalesZine(セールスジン)は、『Sales Tech市場と営業組織のテクノロジー活用 最新動向調査2021』を本日2021年5月31日(月)に発売いたします。



[画像1: (リンク ») ]



『Sales Tech市場と営業組織のテクノロジー活用 最新動向調査2021』は、SalesZineが専門メディアならではの中立公平な視点で、近年変化の著しい営業組織の実態とテクノロジー活用の課題を明らかにすべく、多くの参考資料やデータを社会分析・市場分析の観点からまとめています。また、BtoBの営業組織の活動を効率化し、働き方を変え、売上向上につながるテクノロジーを提供する30以上ものSales Techの最新動向を概観することができます。

さらに、独自に営業組織や関連部門に所属する1,000名以上にアンケートを行った結果を、役職別・従業員数・年間売上規模別でクロス分析を行い、セグメント別に課題を可視化しています。
テクノロジーで営業支援をするを掲げるSalesZineならではの分析は、Sales Tech市場の潮流を把握する一助となるはずです。

▼『Sales Tech市場と営業組織のテクノロジー活用 最新動向調査2021』特設サイト
(リンク »)

書籍概要


[画像2: (リンク ») ]

書名:Sales Tech市場と営業組織のテクノロジー活用 最新動向調査2021
編著:SalesZine編集部
判型:A4判 カラー
ページ数:227ページ
発売日:2021年5月31日
価格:
・書籍版 165,000円(税込み)
・PDF版 165,000円(税込み)~

▼詳細はこちら
(リンク »)


インサイドセールスを導入済みの企業は約3割 [本調査資料より抜粋]


[画像3: (リンク ») ]

本調査資料では、営業組織や関連組織に所属する読者1,130名に対し、30問超のウェブアンケートを行っています。
上の図は、インサイドセールス・カスタマーサクセス・マーケティング部門の導入について調査結果を一部抜粋掲載しています。
近年、営業手法の変革が求められていますが、新しい営業スタイルの検討が進んでいない企業もまだ多く、インサイドセールスについては約3割、カスタマーサクセスについては約2割の導入率となりました。
本調査資料のアンケートデータは、役職別・従業員数・年間売上規模別でクロス分析を行い、セグメント別に課題を可視化しています。

※インサイドセールス:電話やウェブ会議を中心に顧客の課題ヒアリング、情報提供を行い、商談機会を創出する職種
※カスタマーサクセス:顧客がサービスやソリューションを導入したところから伴走支援を行う職種


30以上ものSales Techの最新動向を概観

BtoBの営業組織の活動を効率化し、働き方を変え、売上向上につながるテクノロジーを提供する30以上ものSales Techの最新動向を概観し、注目の情報を抜粋してまとめています。また、2021年以降注目したいSales Techの提供企業やトレンドについても述べています。

▼掲載企業一部抜粋
・ワンプラットフォームSFA
Salesforce Sales Cloud(セールスフォースドットコム)
Dynamic 365(日本マイクロソフト) 他

・グループウエア連携SFA
Kintone(サイボウズ)
Knowledge Suite(ナレッジスイート) 他

・名刺管理システム
Sansan(Sansan)
ホットプロファイル(ハンモック) 他

・オンライン商談システム
bellFace(ベルフェイス)
V-CUBE(ブイキューブ)
Zoom(Zoom Video Communications,inc)
Google Meet(Alphabet) 他


編集長メッセージ


[画像4: (リンク ») ]

SalesZine(セールスジン)は「営業組織をテクノロジーで支援する」をテーマに、2019年4月に本オープンしたウェブメディアです。

2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大により、顧客の購買行動や商談そのもの、そして営業組織の働き方も大きく変化しました。皆さまにとっても変化の大きな1年だったのではないでしょうか。

本調査資料『Sales Tech市場と営業組織のテクノロジー活用 最新動向調査2021』では、2000年以降の日本における「働き方」の変化、企業のテクノロジー活用の取り組みの進化や、2020年のSales Techベンダーの動きについてまとめています。また、2021年1~2月には1,000名以上の方にアンケート調査にご協力いただき、激動の2020年に営業組織の皆さんがどのような課題を抱え、そして変化に対応していったのかを明らかにしました。本資料が皆さまのビジネスのさらなる飛躍に貢献できましたら幸いです。


SalesZineとは

IT/ビジネス系書籍を出版する株式会社翔泳社が運営する、テクノロジーで営業活動を支援するウェブマガジン。2019年4月に開設以降、SalesTech関連の情報を日々発信しています。会員約1万2,300名(2021年4月時点)という会員基盤と、取材・編集で培ってきたノウハウを活用し、専門メディアならではの中立・公平な調査結果やデータを広く提供していく「SalesZine RESEARCH」プロジェクトを立ち上げ、その第一弾となる『Sales Tech市場と営業組織のテクノロジー活用 最新動向調査2021』を2021年5月31日に発売しました。

▼SalesZine(セールスジン)
(リンク »)

▼『Sales Tech市場と営業組織のテクノロジー活用 最新動向調査2021』特設サイト
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]