GitHub、「Copilot Workspace」テクニカルプレビュー版を提供--「Copilot」ネイティブの開発者環境

河部恭紀 (編集部)

2024-04-30 07:15

 GitHubは米国時間4月29日、「GitHub Copilot Workspace」のテクニカルプレビュー版の提供を発表した

 GitHub Copilot Workspaceは、同社開発者向けAIツール「GitHub Copilot」ネイティブの開発者環境。2023年の同社カンファレンス「GitHub Universe」で披露され、コードについてブレインストーミング、プラン、構築、テスト、実行を自然言語で可能にする。

 開発者にとって最大の壁は、ほとんどの場合、作業の始めにあるとGitHubの最高経営責任者(CEO)であるThomas Dohmke氏は述べる。大型プロジェクト、機能リクエスト、バグレポートの最初のステップで壁にぶつかることが多いが、それは、どう始めたらよいかが単に分からないためだという。GitHub Copilot Workspaceは、作業の起点となるリポジトリーやIssueから開発者に対応する。Copilotエージェントを第2の脳として使うことで、アイデアの初期段階からAIの支援を受けることができるとDohmke氏。

 GitHub Copilot Workspaceは、Issueを入力として、現状のコードの挙動と解決策の提案を記載した仕様を提供する。仕様に問題がなければ、コードベースやIssueの指摘などを深く理解した上で、課題解決に向けた変更を実装するためのプランを生成する。プランの検証やコードのテストで必要な全てが自然言語で記述された1つのリストが提供される。

出典:GitHub
出典:GitHub

 GitHub Copilot Workspaceが提案するプランやコードなどは全て編集可能で、納得いくまで何度でもやり直すことができる。満足いくプランが得られれば、コードをGitHub Copilot Workspaceで実行し、「GitHub Codespace」を立ち上げ、期待通りの結果が得られるまでコードを調整できる。ワークスペースはチーム内で共有可能なので、各人で作業内容を見て独自のバージョンを試すことができる。

出典:GitHub
出典:GitHub

 あとは、プルリクエストを出し、「GitHub Actions」で「Code scanning」を実行し、チームのメンバーに人の目によるコードレビューを依頼することになるが、GitHub Copilot Workspaceを使うことで、どのようしてアイデアをコード化したかを知ることができるとDohmke氏はアピールする。

 GitHub Copilot Workspaceは、モバイルにも対応している。デスクトップやノートPCだけでなく、室外でも作業できるよう開発環境が強化されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]