GitHub、「Code scanning autofix」パブリックベータ版を提供--検知された脆弱性に対してコード提案

河部恭紀 (編集部)

2024-03-21 15:01

 GitHubは米国時間3月20日、「Code scanning autofix」のパブリックベータ版を「GitHub Advanced Security」ユーザーに提供した

 同機能は、「JavaScript」「Typescript」「Java」「Python」で90%以上のアラートタイプに対応し、コード提案を表示する。コード提案は、編集をほとんど、または、全く必要とせず、検知された脆弱(ぜいじゃく)性の3分の2以上を修正するという。

 アプリケーションセキュリティに関するGitHubのビジョンは、発見すなわち修正を意味する環境にあると同社は述べる。GitHub Advanced Securityにて開発者体験を優先させることで、従来のセキュリティツールに比べて7倍の速さで修正できるように支援しているという。Code scanning autofixは、次なる大きな一歩として、開発者が修正に費やしている時間と労力を大幅に減らすことを支援するとGitHubはアピールする。

 アプリケーションは依然として主要な攻撃ベクトルであるが、ほとんどの組織は未対応の脆弱性数が本番リポジトリー内で増え続けていることを認めていると同社は語る。Code scanning autofixは、コーディング時に脆弱性の修正を容易にすることで、このような「アプリケーションセキュリティ負債」の増加を遅らせるという。

 同機能により、サポートされた言語で脆弱性が検知されるとコード提案が表示される。コード提案には、承認、編集、却下が可能なプレビューとともに自然言語による説明が含まれる。また、現在のファイルに対する変更に加え、複数ファイルへの変更やプロジェクトに追加すべき依存関係を含むこともできる。

画像1
提供:GitHub

 Code scanning autofixは、「CodeQL」エンジンに加え、ヒューリスティックと「GitHub Copilot API」の組み合わせを活用することでコード提案を生成すると同社は説明する。サポートする言語を今後も増やす予定であり、「C#」と「Go」を追加するという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]