海外コメンタリー

AIは安全なコードの記述に有効、ただし2FAなどの基本対策が大前提--GitHubに聞く

Eileen Yu (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2024-02-26 06:30

 高度なサイバーセキュリティツールで脆弱性を検出できるようになるのは素晴らしいことだが、コードの安全を守るためには、何よりもまず開発者がセキュティの基本を守らければならない。

南京錠のイメージ
提供:sakkmesterke/Getty Images

 GitHubの最高セキュリティ責任者(CSO)兼エンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めるMike Hanley氏は、そうした技術を活用するためには、例えば2要素認証(2FA)を有効にしたり、業界標準やベストプラクティスを採用したりといった基本原則を守る必要があると述べた。

 Microsoft傘下のソフトウェア開発プラットフォームであるGitHubには1億人以上のユーザーがおり、その数に見合った相当な量の標的型サイバー攻撃を受けている。しかし、この種の攻撃の形態は、この10年大きく変わっていない。これらの攻撃の大半はフィッシング攻撃やソーシャルエンジニアリング攻撃で、ソフトウェアのメンテナーの認証情報やアカウントを奪ったり、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用しようとしたりするものが多い。

 サイバー犯罪者が多くの場合同様の手口を使い続けているため、セキュリティを高めるには、何よりも開発者を守ることが重要になる。Hanley氏は米ZDNETのインタビューで、「脆弱性を防いだり、検出したりするツールを購入するのもいいが、まず最初に取り組むべきなのは、開発者が安全なアプリケーションを構築できるようにすることだ」と語った。

 今では、GitHubを使って重要なソフトウェアが開発され(これにはビデオ会議ツールや自動運転車も含まれる)、そのライブラリーが公開されるようになっている。それらのアプリケーションをメンテナンスする人々のアカウントが適切に守られていなければ、ハッカーにそのアカウントが乗っ取られ、ライブラリーが危険にさらされる可能性がある。

 Hanley氏は、その被害は広範囲に及ぶ可能性があり、SolarWindsやLog4jのときように、別の第三者のセキュリティ侵害につながりかねないと指摘した。同氏がGitHubに加わり、新たに設けられたCSOの役職に就任したのは、SolarWindsを悪用した大規模な攻撃のニュースが問題になっていた頃だった。

 「私たちはいまだに、2FAを使えと言い続けている。基本を身に付けることは最優先事項だ」と同氏は言う。

 Hanley氏は、すべてのユーザーに2FAの使用を義務付けるGitHubの取り組みについて説明してくれた。この取り組みは1年半前から進められており、2024年の早い時期には完了する予定だという。

 セキュリティー市場は「派手」な製品で溢れかえっているが、ドアに単純だが強力な錠を付けることの必要性は、専門家でも見逃してしまいがちだ。

 Hanley氏は、企業の環境を保護する上では、基本的な管理を徹底することや、業界標準やベストプラクティスを採用することの方が効果的だと述べた。ここで言う標準やベストプラクティスには、Cloud Security Allianceが公開しているベンチマークやシンガポールの「Safe App Standard」などがある。後者は、「常識的」なセキュリティ対策の基本や、重要な構成要素を絞り込む際に参考になる民間や公的機関の意見に基づいて作成されたものだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]