2要素認証とは?

2つの方法を併用し、セキュリティの強度を高めたユーザー認証方式のこと。

ハッキングや情報漏えいなどを通して盗まれたパスワードを利用したネットサービスなどへの不正アクセスが問題になっていることを受け、IDとパスワードを使った認証に加え、もう1つ認証の手続きを増やして利用される場合を指すことが多い。

Facebook、Google、GitHub、Twitterなどの大手サイトでは、オプションとして2要素認証が導入されている。ユーザー名とパスワードを認証情報として使う従来の方法よりもセキュリティは優れているものの、利便性が落ちるため、手間がかかる2要素認証にはユーザーから不満の声も出ている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 ブロックチェーン

     ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、合意形成により確定された...(続きを読む)

  4. 4 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  5. 5 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

  6. 6 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  7. 7 Linux

     Linuxとは、1991年にフィンランドのLinus Torvalds氏が開発した、UNIX互換のOSである。Linuxとはカーネル...(続きを読む)

  8. 8 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  9. 9 エピック

    開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)

  10. 10 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

注目のキーワード

成長ステージ
スタートアップ企業の成長の段階を示す。企業がどのステージにいるかを定義する明確なルールはないが、...
続きを読む
データブローカー
消費者の情報を収集し、ほかの組織に販売する企業。
続きを読む
アメリカズカップ
世界最高峰の国際ヨットレースで「海のF1」とも呼ばれる。2016年には、その予選最終戦「ルイヴィトン・...
続きを読む
ポストPC
これまで企業内の情報システムの端末はPCがメインだったが、PC以外の端末が多様化している状況を指す。W...
続きを読む
ランサムウェア
マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセス...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]