2要素認証とは?

2つの方法を併用し、セキュリティの強度を高めたユーザー認証方式のこと。

ハッキングや情報漏えいなどを通して盗まれたパスワードを利用したネットサービスなどへの不正アクセスが問題になっていることを受け、IDとパスワードを使った認証に加え、もう1つ認証の手続きを増やして利用される場合を指すことが多い。

Facebook、Google、GitHub、Twitterなどの大手サイトでは、オプションとして2要素認証が導入されている。ユーザー名とパスワードを認証情報として使う従来の方法よりもセキュリティは優れているものの、利便性が落ちるため、手間がかかる2要素認証にはユーザーから不満の声も出ている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  4. 4 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  5. 5 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  6. 6 IT企業の年頭所感

    IT企業が年明けに発表する経営トップによる所感。毎年数多くの年頭所感が寄せられ、総覧するとその年のトピックが見えてくる。...(続きを読む)

  7. 7 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  8. 8 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  9. 9 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  10. 10 POODLE脆弱性問題

    SSL 3.0における中間者による情報漏えいの脆弱性(CVE-2014-3556)。2014年10月に公表された。POODLEの名は「Pad...(続きを読む)

注目のキーワード

ミドルウェア
アプリケーションとOSの間を取り持つソフトウェアレイヤ(層)であり、アプリケーション間でのデータの...
続きを読む
データアナリスト
事業部門のエンドユーザーと連携して、その事業に必要な分析レポートの種類を定義し、必要なデータの取...
続きを読む
展望2017
2017年はさまざまな場所で進むデジタル化とそれを支えるITインフラのシフトに注目が集まる。2016年を振...
続きを読む
WebRTC
ブラウザ同士でリアルタイムに映像やデータを送受信する技術。
続きを読む
社内クラウド
プライベートクラウドの一種であり、IT部門が自社組織のためにサービスを提供するというもの。
続きを読む

キーワード解説とは