2要素認証とは?

2つの方法を併用し、セキュリティの強度を高めたユーザー認証方式のこと。

ハッキングや情報漏えいなどを通して盗まれたパスワードを利用したネットサービスなどへの不正アクセスが問題になっていることを受け、IDとパスワードを使った認証に加え、もう1つ認証の手続きを増やして利用される場合を指すことが多い。

Facebook、Google、GitHub、Twitterなどの大手サイトでは、オプションとして2要素認証が導入されている。ユーザー名とパスワードを認証情報として使う従来の方法よりもセキュリティは優れているものの、利便性が落ちるため、手間がかかる2要素認証にはユーザーから不満の声も出ている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  4. 4 Oracle OpenWorld

    米Oracleが毎年秋に実施している年次カンファレンス。9月もしくは10月にかけて、米サンフランシスコで開催される。...(続きを読む)

  5. 5 システムエンジニアリングサービス

    ソフトウェア開発や保守、運用などシステム全般について、業務運営に必要となるエンジニアを要求される期間に応じて提供するサービス。...(続きを読む)

  6. 6 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  7. 7 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  8. 8 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  9. 9 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  10. 10 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

注目のキーワード

VMWorld
VMwareが例年8月に開催している年次カンファレンス。2017年は、前年秋に発表したAmazon Web Services(A...
続きを読む
広告モデル
顧客にサービスを提供する際、広告とともにサービスを提供し、広告主からの費用補填によって、顧客に低...
続きを読む
クラウドコンピューティング
大規模な広域ネットワークを利用したコンピュータリソースの利用形態のこと。 CPUやメモリなどのコンピ...
続きを読む
システムエンジニアリングサービス
ソフトウェア開発や保守、運用などシステム全般について、業務運営に必要となるエンジニアを要求される...
続きを読む
仮想アプライアンス
仮想化用語。何らかのアプリケーション(たいていの場合は特定の単一アプリケーション)をホストするう...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]