編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

多胎妊婦への妊婦健康診査の助成拡充を議案として提案します!~多胎妊婦の経済的負担を軽減します~

箕面市役所

2021-06-03 00:00

箕面市では、妊婦のかたに対して14回分(116,840円)までの妊婦健康診査の受診費用を助成しています。 しかし、多胎児(双子や三つ子など)を妊娠した妊婦のかたは、単胎妊娠の場合よりも頻回の妊婦健康診査が推奨されており、受診に伴う経済的負担が大きくなっていました。そこで、通常14回の妊婦健康診査に加えて、5回(上限)追加で受診する費用を助成する関係予算を第2回定例会に提案しました。
1.概要
  箕面市では、妊婦健康診査費用として妊婦1人あたり14回分(116,840円分)を助成しています。しかし、多胎児(双子や三つ子など)を妊娠した妊婦のかたは、単胎妊娠の場合よりも頻回の妊婦健康診査が推奨され、受診に伴う経済的負担が大きくなっていることから、通常14回の妊婦健康診査に加え5回(上限)追加で受診する費用を助成し、多胎妊婦の負担軽減を図ります。
なお、多胎妊婦の助成に係る経費については、本年4月に国が新設した補助金(補助率1/2)を活用します。

2.多胎妊婦への助成内容
(1)助成対象者
・令和3年4月1日時点で、多胎妊婦として妊娠届を出されているかたで、4月1日 以降に15回~19回目の健診を受けられるかた。
・令和3年4月1日以降に多胎妊婦となり妊娠届を出されているかた。
(2)助成対象額
令和3年4月1日以降の受診分で、通常交付の14回分を超えた15回~19回分までの費用のうち、1回あたり5,000円までの額。
(3)追加となる5回分の受診券の受領方法
・4月1日時点で妊娠届を提出されているかた:15回目以降の受診券を郵送
・4月2日~6月末までに妊娠届を提出されたかた:15回目以降の受診券を郵送
・7月1日以降に妊娠届を提出されるかた:妊娠届出時に1回~19回目を交付
※なお、令和3年4月1日以降、追加の受診券が届くまでに通常交付の14回分を超えて受診されている場合は、受診費用の領収書に基づき還付します。

問い合わせ先
子ども未来創造局 子どもすこやか室
TEL 072-724-6768(直通)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]