編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

SolarWinds が年次調査「IT Pro Day 2021」を発表、 ITプロフェッショナルの新しい「挑戦」と「責任」への意欲が向上

ソーラーウインズ・ジャパン株式会社

From: DreamNews

2021-09-15 11:30

ITプロフェッショナルの今後のキャリアにおいて技術以外のスキルが重要になることが明らかに
シンプルでパワフル、かつセキュアなIT管理ソフトウェアの主要プロバイダーであるSolarWinds(NYSE:SWI)は本日、同社が実施した年次調査 「IT Pro Day 2021:Bring IT On(受けて立つ)」の結果を発表しました。これは、パンデミックにより職場や家庭の生活が変化する中、ITプロフェッショナルが考える日々の役割や責任、過去1年間の学び、また今後のキャリアアップに向けて必要と考える技術および技術以外のスキルについて調査したものです。

この調査は、毎年9月の第3火曜日(2021年は9月21日)に開催されている 「IT Pro Day(ITプロフェッショナルの日)」の一環として、ITに従事するプロフェッショナルを称え、ITプロフェッショナルが貢献してきたテクノロジーや彼らの日々の挑戦を振り返ることを目的としています。

調査対象のITプロフェッショナルは、前例のない困難と変化に見舞われた2020年において、自身の役割について前向きな認識を示し、今後の展開を楽しみにしていると述べています。約半数(48%)が仕事に誇りを持っていると回答し、44%が業務内容に満足しており、41%が予想以上に自身の能力を実証できたと回答しています。将来において、ITプロフェッショナルの62%が現在の役職で成功する意欲があると述べており、81%が、来年にはキャリアアップおよびキャリア形成の機会が複数あると認識しています。

SolarWindsのHead GeekであるChrystal Taylor(クリスタル・テイラー)は、次のように述べています。「今年のIT Pro Dayの調査結果は、ITプロフェッショナルの適応力と、リモートワークやハイブリッドワークを実践してきたこの1年で、今後のITが担う重要性がさらに拡大することを示しています。より多くのITプロフェッショナルが『Bring IT On(受けて立つ)』の精神で、ビジネスのデジタル変革に向け、さらなる責任と主導的役割を担う目標を持つようになることで、将来的にビジネスにおけるIT組織の在り方が大きく変化することが予測できます。」

また、回答者は、技術以外のスキルと従来の技術資格と経験のバランスが重要と考えていますが、これらのスキルを磨くための時間の確保に課題があることが過去の調査でも明らかになっています。 IT Pro Day 2021の調査によると、昇進の鍵となる技術以外のスキルの多くは、普段の生活や趣味で身につけることができ、そのようなスキルを必要とする職場でより高いレベルの機会を求めるITプロフェッショナルにとっては、キャリアアップの障壁を減らすことができることが明らかになりました。昇進に必要な技術以外のスキルとしては、「協調(チームワーク、人の話を聞く、ネットワーキング)」(66%)、「革新的または創造的な問題解決」(48%)、「コミュニケーション(人前で話す、文書を書く)」(46%)が最も重要です。

34%の回答者は来年以降の仕事で最大のチャンスがあると回答し、これらの技術以外のスキルセットは、プロジェクト管理や意思決定プロセスの一部を担うなどより大きな責任を果たすために重要と考えられています。一方、ITプロフェッショナルは、サイバーセキュリティの脅威や従業員のバーンアウト(燃え尽き症候群)などのクリティカルな課題に対しては慎重な姿勢を示しつつ、新しいツールやプロセスなど、ニューノーマルにおけるIT運用の継続的な進化がポジティブな変化をもたらすことを確信しています。

Taylorは、「ITプロフェッショナルが先を見据えて準備する際、SolarWindsは、最高のツール、アドバイス、インサイトを提供し、あらゆることに正面から取り組めるようにサポートします。15万人以上のメンバーが登録している無料のTHWACK(R)コミュニティ、導入しやすいIT運用管理ソリューション、カスタマーサクセスセンターなどを通じて、ITプロフェッショナルを支援し、彼らの業務を最適化します。」と説明します。

主な調査結果:
前例のない課題に見舞われた1年を経て、回答者は、これからの1年において「Bring IT On(受けて立つ)」との姿勢を見せています。ITプロフェッショナルが成し遂げた成果と自信により、さらに責任を拡大し、プロとして成長を図るための新しい機会に積極的です。

● 昨年ITプロフェッショナルが学んだポジティブな教訓を振り返ると、41%が今年は自分が思っていた以上に能力を実証できたと考えています。
○ 4分の1(24%)の回答者が、「リーダーシップのスキルがあることを知った」と述べており、このスキルは、将来、より部門横断的な役割やそれに伴う大きな責任を担う際役立つと考えています。
○ 回答者の48%が、自分の仕事に誇りを持っていると述べています。

● 3分の2以上(67%)の回答者が、今後1年間で職場での責任のレベルが上がると予想していると述べています。
● 回答者の27%は、具体的な目標を設定し、それを達成することを楽しみにしていると述べ、現在の責務を全うすることに極めて意欲的です。
● 回答者の81%は、今後1年間でキャリアアップおよびキャリア形成の機会が複数あるとし、特に半数以上(56%)が、継続的に学ぶ(新しいスキルと資格の取得)と回答しています。

ITプロフェッショナルは、日常生活で身につけた技術以外のスキルと、技術的なスキルや専門的な資格とのバランスが、今後のキャリアアップや新たな機会を得るための鍵になると認識しています。

● 回答者は、キャリアアップに必要な技術的スキルとして、セキュリティ(57%)、トラブルシューティング(51%)、ネットワーク管理(49%)を回答しています。
● 同時に、昇進に必要な技術以外のスキルとして、協調(チームワーク、人の話を聞く、ネットワーキングなど、66%)、革新的または創造的な問題解決(48%)、コミュニケーション(人前で話す、文書を書くなど、46%)が最も重要と回答しています。
● また、家庭や日常生活での以下の経験が仕事に最も役立つと述べています。
○ 時間管理(優先順位付け、組織化など)(69%)
○ コミュニケーションスキル(言語的および非言語的)(67%)
○ 対人関係スキル(適応性、柔軟性、忍耐力など)(66%)
○ 問題解決(65%)

● さらに、4分の3近く(70%)の回答者が、ITプロフェッショナルとしての日々の役割に役立つ趣味を持っていると答えています。
● こうした技術以外のスキルセットは、ITプロフェッショナルがプロジェクト管理や意思決定プロセスの一部を担うなど、より大きな責任を果たすために重要と考えられています。回答者の34%が、今後1年間に最大のチャンスがあると答えています。
○ Monsterによる調査レポート「The Future of Work 2021: Global Hiring Outlook」では、採用担当者が新入社員に求めている最も重要なスキルとして、信頼性、チームワーク/協調性、問題解決/批判的思考を最優先とした、ソフトスキルを選択しています。
(リンク »)

● さらに、ITプロフェッショナルの半数以上(56%)は、新しい資格やスキルを取得することで、キャリアや職場での活躍のチャンスが広がると考えています。

ITプロフェッショナルは、サイバーセキュリティの脅威やバーンアウト(燃え尽き症候群)などの今後の課題に対して細心の注意を払い、組織のIT運用の進化がポジティブな変化を生み出すと考えています。

● 回答者の半数以上(53%)が、今後1年間に組織が直面すると予想される最大の課題として「サイバー脅威」を挙げており、続けて「従業員のバーンアウト(燃え尽き症候群)」(48%)、「継続的なスキル格差/スキル不足による特定職務の採用難」(40%)、「仕事量の増加または管理不能」(37%)を回答しています。
○ サイバー脅威については、『SolarWinds ITトレンド レポート2021:安全な未来を築くために』の調査結果でも同様に、調査回答者の46%が、外部からのセキュリティ脅威や侵害(サイバー攻撃など)を、組織のリスクの尺度に影響を与える最大の外部要因の一つとして挙げています。
(リンク »)

● しかし同時に、ITプロフェッショナルは、これらの潜在的な課題に対処するため、投資の優先順位を上げ、組織のIT運用が「次のニューノーマル」に進化すると予想しています。
○ セキュリティ、コンプライアンス、リスクへの対応を強化するための新しいツールやプロセスの実装(68%)
○ さらなるコラボレーション技術の追加(44%)
○ 次世代のIT運用ソリューションの採用(40%)

本調査結果は、2020年8月に実施された調査に基づいており、ITジェネラリスト、ソフトウェアエンジニア、開発者、セキュリティおよびデータの専門家を含む、SolarWinds THWACKユーザー コミュニティに参加中の287名のIT専門家から回答を得ています。

その他のリソース
● ITProDay.org(英語)
(リンク »)

● National Day Calendar: ITプロフェッショナルの日(英語)
(リンク »)

● SolarWinds、ITプロフェッショナルの日を公式休暇に設定(英語)
(リンク »)


SolarWindsとつながる
● THWACK(R)
(リンク »)

● Twitter(R)
(リンク »)

● Facebook(R)
(リンク »)

● LinkedIn(R)
(リンク »)

#SWIcorporate

SolarWindsについて
SolarWinds(NYSE:SWI)は、シンプルでパワフルかつセキュアなIT管理ソフトウェアの主要プロバイダーです。当社のソリューションは、業種、規模、複雑さを問わず、今日のハイブリッドIT環境においてビジネス変革を促進する力を世界中の企業に提供しています。当社はITサービスおよびオペレーション担当者、DevOpsおよびSecOps専門家、データベース管理者(DBA)など、ITプロフェッショナルとの継続的な連携を通じて、高いパフォーマンス・可用性のITインフラストラクチャ、アプリケーション、環境を維持する上で企業が直面する課題の把握に務めています。THWACKオンライン コミュニティなどの場所でITプロフェッショナルから得られる洞察は、現在および将来のお客様のニーズに対応することを可能にしています。SolarWindsはユーザーに焦点を当て、エンドツーエンドのハイブリッドIT管理において卓越したサービスを提供することで、オブザーバビリティ(監視)、ITサービス管理、アプリケーション パフォーマンス、データベース管理における世界的リーダーとしての地位を確立しています。詳細については、www.solarwinds.comをご覧ください。

(C) 2021 SolarWinds Worldwide, LLC. All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]