編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

映像解析で業務の無人化・自動化を推進 工場DXを支援する「エッジAI IoTゲートウェイソリューション」を提供

セイコーソリューションズ株式会社

2021-11-02 11:00

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、このたび、エッジAIによる映像解析を活用し、企業のデジタルトランスフォーメーション(以下 DX)を支援する「エッジAI IoTゲートウェイソリューション」を開発し、2021年度中に提供を開始します。

コロナ禍の影響による市場の大きな変化を勝ち抜いていくために、さまざまな業種でDX推進が叫ばれる中、製造業ではAIを活用した工場DXの検討が急速に進んでいます。その一方で、業務効率化につなげるためには、新たに取り込むデータのAI分析に加え、既存システムのデータを統合管理・分析するための仕組みや、大規模なデータ分析のプラットフォーム構築が必要になるなどの課題があり、DXの推進が捗らないという企業の声をよく耳にします。

セイコーソリューションズは、このような課題をもつ企業に向けて、DXを推進するためのさまざまなソリューションを展開していきます。第一弾として、工場DXに向けたエッジAI画像認識IoTゲートウェイ(以下 エッジAIゲートウェイ)によるアナログメーター読み取りソリューションを提供します。
製造現場では旧式のアナログメーターが使用されていることも少なくなく、離れた場所、危険な場所にあるそれらを、担当者が毎日巡回して確認する作業には大きな負担がかかります。本ソリューションは、現場の各メーターにエッジAIゲートウェイを設置することで、深層学習を用いたAI画像解析によりメーター指針値をデータ化して蓄積し、素早く・正確・安全なデータ活用を可能にします。
試験的に検証していただいたお客さまより、弊社独自のノウハウを生かしたAI画像認識によって「読み取りを諦めていたメーターも読み取れるようになった。設定も簡単である」という声をいただいており、2022年度中の本格導入を目指しています。

さらに、読み取ったデータをエッジAIゲートウェイで処理することにより、必要な情報のみを収集し、既存のセンサーデータと組み合わせてエッジAIプラットフォームに送ることで、効率的なデータ分析が行えます。

セイコーソリューションズでは、学習済みAIモデルの管理・配信による画像認識AIによるアナログメーター読み取りに加え、映像データからの人数のカウント、危険エリアへの立ち入り回数や工場内の各種センサーデータの集約などAIを活用した必要な情報の効率的かつリアルタイムな集約により、ビッグデータ分析による業務効率化を提案していきます。


※「エッジAI IoTゲートウェイソリューション」の詳細は下記 URLをご参照ください。
  (リンク »)
※本文中に記載されている製品名などは各社の登録商標または商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 マーケティングコミュニケーション部
 担当:横山、片山  tel:043-273-3147 e-mail:pr-center@seiko-sol.co.jp

お客さまからのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社 
 ネットワークソリューション本部 NSイノベーション推進部
 担当:小野塚、松塚  e-mail:support@seiko-sol.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

サービスイメージ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

セイコーソリューションズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]