編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

西濃運輸ロジスティクスサービスのDX推進をDomoが支援

ドーモ株式会社

From: PR TIMES

2021-11-18 11:00

~増え続ける物流拠点のデータも営業強化に活用~

ドーモは、西濃運輸が企業価値向上を担うロジスティクス部門の営業強化を図るために、クラウド型Modern BIの「Domo」を導入し、効果を上げていることを発表しました。



[画像: (リンク ») ]

ドーモ株式会社(本社:東京都渋谷区、プレジデント ジャパンカントリーマネージャー:川崎友和、以下ドーモ)は、西濃運輸株式会社(本社:岐阜県大垣市、取締役社長:小寺康久、以下西濃運輸)が企業価値向上を担うロジスティクス部門の営業強化を図るためにクラウド型Modern BIの「Domo」を導入し、効果を上げていることを発表しました。

Domo導入背景と導入後の効果

西濃運輸は近年、輸送事業を中核としたロジスティクスサービスの提供に注力しており、ロジスティクス部門では流通加工や在庫管理を含む倉庫内業務と輸配送業務の両面でサービス向上を図っています。そのため、お客様の課題を解決する的確なソリューションの提供に向けて、迅速な原因把握と多角的なデータ分析に基づく提案型の営業力を養う必要性が高まっていました。

西濃運輸では2020年秋のDomo導入以降、迅速に課題の原因を把握できるようになり、業務効率の向上のみならず、Domoで多角的にデータを分析して速やかな意思決定に繋げることができました。営業担当者は、お客様ごとの実績データを簡単に取得する環境が整い、カスタマーリレーションの強化が図られています。また、国内150か所の拠点ネットワークや輸送・入出庫データなど実績データを活用して、お客様にとって最適な物流拠点や倉庫のスペースを提案し、付加価値の高いサービスの提供を推進しています。

今後の取り組みについて

西濃運輸は「ロジ・トランス」と呼ばれる物流機能と輸送機能を組み合わせたターミナル一体型施設を今年9月に相模原にオープンし、続いて、来年1月に龍ヶ崎、2月に名古屋西にもオープン予定です。拡大し続ける拠点データもDomoで一元管理し、デジタルトランスフォーメーション実現に向けて取り組んでいます。

Domoについて
Domo (Nasdaq: DOMO)は、企業向けクラウドサービスです。すべての人々が活用できるModern BIを提供し、ビジネス変革をもたらします。Domoは、数週間、数か月以上要していたBIに必要なプロセスを、驚異的なスケールで、瞬時に完成させます。

ウェブサイト: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

DomoはDomo, Inc.の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ドーモ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]